リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

更新情報

スタッフ「おはようございます!今日はお変わりありませんか?」家族 「おはようございます。特にありません。宜しくお願いします」スタッフ「了解しました!行ってきます!」 家族 「最近わがままになっちゃて大変です。父がご迷惑お掛けしてませんか?‥してますよね?
『家族とのやり取りから』の画像

より生活に向けた場所でリハビリテーションとして関わりたいと思い、4月よ​り作業療法士として入職し、半年が経ちました。やっと慣れてきた​頃ですが、まだまだ知らないことも多く、色々とフォローして頂き​ながら働いています。2018年5月に、日本作業療法士協会の定める
『そのひとにとって大切なことは?』の画像

1年間の育児休暇をいただき、今年4月に外来看護師として復帰しました。育児休暇中の1年間は、初めての育児に戸惑う事も多く、日に日に成長していく娘に母親として追い付くのに精一杯の毎日でした。復帰にあたり当初不安もありましたが、1年ぶりに外来で会う患者さんの中には
『1年間の育児休暇から学んだこと』の画像

先日、地区ケア会議に初めて参加しました。地区ケア会議は、地域に暮らす方々の暮らしを支える職種が集まり、実際に関わりのある在宅療養者に、より良い関わりが出来るよう多角的な視点で意見を出し合う場です。出席者が順番に自己紹介をした後、1つの実例に基づき、話し合い
『地区ケア会議 管理栄養士として』の画像

医療や介護保険で提供するリハビリテーションには、当然ながら「目標」と「期間」の設定が必要です。しかし、病院から在宅に帰ってきた当初は、厳密に具体的には「目標」と「期間」を決められないこともしばしばあります。なぜなら、退院直後は日常生活が確立しておらず、生
『生活期・在宅リハビリテーションの目標と期間の設定』の画像

朝晩だいぶ涼しくはなりましたが、まだ残暑が厳しい時期です今年の夏はいかが過ごされたでしょうかスタッフがベストのパフォーマンスができるような環境を整える事が、管理の仕事の一つだと考えています職場の環境を整える事も一つですが、プライベートの時間がしっかりと取
『最大限の力を引き出せるような環境』の画像

リハビリテーション科有床診療所に入院中の患者さんには、「リハビリテーションをするために入院をしている」という考えを持っている方が多くいらっしゃいます。その考えは全く誤りではありません。しかしそれは、1日の中で決まった時間だけリハビリテーションをすれば、それ
『リハビリテーション以外の時間を楽しむこと』の画像

初期臨床研修医が定期的に当院へ研修に来ます。 「地域医療研修」「リハビリテーション科研修」どちらにも対応しています。 また、日本リハビリテーション医学会の「認定研修施設」になっています。 2019年8月に研修に来てくれた初期臨床研修医の感想を以下に紹介いたしま
『地域医療研修に来た初期臨床研修医2019年8月』の画像

在宅医療では、地域の連携体制を構築することが大事!と言われています。2019年9月1日読売新聞1~2面「地球を読む」の「在宅医療 高齢患者と家族に安心感」でも、「医師会と自治体の緊密な連携は必須」「多くの職種がそれぞれの地域で連携を深める必要がある」などの指摘が
『地域連携で必要な「守備範囲の把握」』の画像

私は十数年前、理学療法士として10年間大学病院に勤務していましたが、「10年必死に理学療法に向き合ったら、全く違う事がしてみたい」という思いが芽生えていました。また、素敵な先輩方や後輩達に恵まれて、好き勝手言える様な楽な立場でもあったのに、このまま何不自由な
『ハワイ留(遊)学経験が今につながる』の画像

↑このページのトップヘ