クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

更新情報

こんにちは。森山医院にて受付事務を担当しております。医療に携わって参りまして20年近くになりますが、日々学ぶ事が沢山あります。今回、受付事務の日常業務についてご紹介させて頂きます。当院に受診され初めてお顔を合わせる所が【受付窓口】です。当院は内科・整形外科
『最初と最後にお顔を合わせお話しさせていただく場所』の画像

森山リハビリテーションクリニックへ転職し、病棟看護師として働いています。今までの病院では急性期の看護が中心でした。その中で、いつも心にあったのは、「時間をかけて患者さんと関わりたい」という気持ちでした。 ここでは、他職種との距離が近いため、情報交換がしや
『有床診療所の病棟看護師へ転職して感じること』の画像

東邦大学医学部4年生のリハビリテーション医学の講義に行ってきました。私が担当した講義は「地域リハビリテーション」でした。「地域包括ケアシステム」と「リハビリテーション医療」をメインに講義しました。「大事な国家試験などに関係ない」と思われたら、最初から寝ら
『医学教育「リハビリテーション医学」は臨床医学ではない?』の画像

森山リハビリテーションクリニックには、介護保険分野があります。「通所リハビリテーション」と「訪問リハビリテーション」を提供しており、「地域リハビリテーション」の一端を担っています。<通所リハビリテーション概要>当院の通所リハビリテーションは、品川区で唯一
『主体性を大事に考えている介護事業部です~通所リハビリテーション編~』の画像

森山医院の看護師です。今回は、当院の診療、業務内容、役割分担についてお話します。森山医院では、内科と整形外科(専門医)の診療をしています。他に、各種検診も行っています。診察は予約制ではありませんが、健診の胃カメラ、エコー検査は、月・金・土午前中の予約制に
『森山医院ってどんなところ?』の画像

リハビリテーション科の有床診療所は、地域でニーズ多い「生活を支える」能力が高いので、需要が非常に多いです。 地域に足りないものを常に考え、それを提供する。すべてに必要とされるクリニックでありたいと考えています。どこに言ったらよいかわからない悩みや困難を抱
『リハビリテーション科有床診療所の地域包括ケアでの役割』の画像

当クリニックでの受付事務の業務を通して私たちの心掛けていることをお伝えします。受付事務の業務には電話対応があります。通常、病院では外部からの電話を各科の外来や各部署へ繋ぐ交換手という役割の方が配属されています。有床診療所の当クリニックでは受付事務が外部か
『受付事務部から安心を繋げたい』の画像

当院の特徴のひとつ、「入院前の看護」と「退院後の看護」についてお伝えさせていただきます。「入院中の看護」を中心とした話の続きです。入院前と退院後… それは他院の看護師や訪問看護師がする事なのでは…?いいえ、これが本当の意味でのプライマリーナースだと考えま
『生活を再構築する有床診療所の看護 本当の意味のプライマリーナース』の画像

品川区軽度認知症支援プログラム作成委員会・検討委員会において、通所介護事業所(以下デイサービス)向けのプログラムの作成から実施・普及にいたるお手伝いを、2018年6月よりさせていただいています。先日、品川区高齢福祉課認知症対策係主催の、プログラムについての事業
『品川区軽度認知症高齢者支援プログラム事業へのかかわりを通して』の画像

この度、地域包括連携部は新たに『看護師』と『介護福祉士』を迎え、新体制となりました。これまでは、主に医療ソーシャルワーカーが入退院支援業務に携わってきた部門です。当初より入院、外来、在宅と切れ目のないサービスの提供を目指しておりますが、新体制では「訪問診
『地域包括連携部が新体制になりました! ~スタッフ自己紹介~』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、改変、加工した場合には、この作品と同じCCライセンスの下に頒布を認めます。