肺炎は
2011年に脳血管障害を抜いて
日本人の死因の第3
に上がりました。


しかし、
2017年には
5位へランクダウン
しました。


肺炎は減ったのでしょうか?



地域医療でもよく経験される
「誤嚥性肺炎」ですが、

「肺炎」であると確実に言えても
「誤嚥性である」
と確実に言い切れるのか?
 
難しいと感じている医師は多いと思います。


2017年から
死因順位に用いる分類が新たになり

「肺炎」から
「誤嚥性肺炎」が独立


して分類項目に追加されました。


このため、

これまでの「肺炎」は、

「肺炎」
「誤嚥性肺炎」
に分かれて

死亡順位がついています(下図)。


「誤嚥性肺炎」を独立して表示することは
「誤嚥性肺炎」の啓発にはよいのだと思います。


しかし、
死因が
「肺炎」なのか
「誤嚥性肺炎」なのか、

臨床現場で確証があるケースは少なく、

明確に分けられるものではない
と考えます。


わたしたち医師は
「明らかな嚥下障害」がある方が
「肺炎」になった場合に、

肺炎の病巣部位などの
状況証拠をそろえて考え、
「誤嚥性肺炎」という判断(診断)をしている

のが現状だと思います。

グレーを
状況証拠でクロにする場合と、
疑わしきは罰せずでシロとする場合
があると思います。


「肺炎」であることは間違いないが、
誤嚥性といえるかどうか悩む場合は、

医師によって
「肺炎」「誤嚥性肺炎」
で診断が分かれることが想像されます。


摂食嚥下障害を
しっかり診ることのできる医師でも、
その判断は悩むことと思われます。

 

ですので、
従来通り
「肺炎」と「誤嚥性肺炎」を
ひとつにまとめて「肺炎」
とすると約13万人になり、

「脳血管疾患」の約11万人を上回って
3位になります

2019.02 死因統計2017
2018年は、
「老衰」が「脳血管疾患」を抜いて
3位になりましたが、

それでも
「肺炎合計」は
老衰を上回り、
実質3位となっています。
2019.09 死因統計2018

依然として
「肺炎は死因の第3位である」
という認識で、

誤嚥性肺炎予防、
摂食嚥下リハビリテーションに


の考えで取り組んでいます。

森山リハビリテーションクリニック 院長 和田真一。
2019年2月3日公開
2019年9月24日更新