肺炎で亡くなる方は依然多いことを
前述でお伝えしました。


高齢者人口の増加で
誤嚥性肺炎

増えているとされています。


日本の22病院の
多施設共同研究では、


誤嚥性肺炎は、

70歳以上の肺炎の約80%


90
歳以上では
90%以上を占めるとされています。

2019.02 誤嚥性肺炎高齢者統計
 

高齢者や脳卒中患者では、
唾液などの
不顕性誤嚥によるものが多いとされています。


肺炎の既往のある高齢者では、

夜間、眠っている間に、
唾液が肺に入っている人の割合が高い
ことが報告されています。


ですので、
肺炎の起炎菌は
口腔内常在菌が主となります。

 2019.02 誤嚥唾液

 


誤嚥性肺炎には、
以下のような
悪くなっていく流れが考えられます

【悪化のパターン】

 2019.02 誤嚥性肺炎悪化パターン

 (オーラルフレイルの概念は参考になります。
平野 浩彦:オーラルフレイルの概念.日老医誌 2016;53:327-333)

 
手を付けないと、
以下のサイクルで悪化していきます。

まず、
このサイクルに入りかかっている、
または入っていることに

誰かが気づくことから始まります
2019.02 誤嚥性肺炎悪化サイクル
気づいたら
多職種で連携して、
悪循環を断ち切る対応

を考えて、
実践していくことが重要だと考えています。

「誤嚥性肺炎後 嚥下機能改善するには?」

に続きます。


少ない努力で多くのエネルギー摂取をする工夫は
こちらの記事
で紹介しています。

森山リハビリテーションクリニック院長 和田真一
2019年2月4日公開
2019年9月27日更新