障害のある人が長期的に

その人らしい生活を構築していくための「主体性」
を研究中しています。

 

「主体性回復モデル」の論文が、

2019年5月
”Japanese Journalof Comprehensive Rehabilitation Science (JJCRS)”
 
電子ジャーナルにアップロードされました。


日本語タイトルは「脳損傷による中途障害者の長期的な主体性回復のプロセス」です。

 

日本語論文URLhttp://square.umin.ac.jp/jjcrs/2019_29-36j.pdf

英語論文URL:http://square.umin.ac.jp/jjcrs/2019_29-36e.pdf
でご確認いただけます。

2019.05 主体性回復モデルJ

 

201844日に投稿したものが
1年以上かかってようやく形になりました。


「障害のある方の長期的な回復には主体性が大事である」

ということを
経験的に分かっている専門職の方はいるものの、

私が調べる限り、
このテーマを扱った論文は存在を確認できていません。


このモデルが、
主体性について議論するためのたたき台となり、

いろいろな方により工夫され、
もっと使いやすく、分かりやすい修正版ができて、

障害のある人のより良い生活につながる
主体性の理解の助けとなって欲しい
と思っています。


医師としては馴染みのうすい

質的研究であったこともあり、


この論文を査読いただいた方には
大変困難な作業にお付き合いいただいたことと思います。

何往復もの査読のやり取りで確認を進め、
適切な記述に改編した結果、

時間はかかりましたが、論文として形になりました。

 

この雑誌”JJCRS”は、
リハビリテーションに関する
Open access journal (どなたにも見て戴ける雑誌)です。
紙媒体はありません。


英文誌でありながら日本語で投稿する珍しい形式なので、


「英語論文」と「日本語論文」の両方が閲覧できます。

 

日本語タイトルは
「脳損傷による中途障害者の長期的な主体性回復のプロセス」


英語タイトルは
The long-termprocess of recovering self-leadership in patients with disabilities due toacquired brain injury”

 

「主体性」を訳す際に一般的な “Autonomy”ではなく、

”self-leadership” としました。

 


主体性について議論が広まり、
いろいろな方により提案や工夫がなされ、

もっと使いやすく、分かりやすい修正版ができて、
主体性への理解が進み、

障害のある人のより良い生活につながればと思います。

 

著者:森山リハビリテーションクリニック 院長 和田真一
2019 人気ランキングbanner
2019年5月10日公開
2019年7月28日更新