リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

2019年09月

9/25(水)に「大田区・品川区ソーシャルワーカー会」が、東邦大学医療センター大森病院で開催されました。(以下、SW=ソーシャルワーカー)この会は、大田区のSWの方々が有志で始められた会です。現在は品川区も含め、40施設前後の医療機関等が参加されています。今回は令和第1
『大田区・品川区ソーシャルワーカー会に参加しました』の画像

肺炎で亡くなる方は依然多いことをお伝えしました。高齢者人口の増加で誤嚥性肺炎が増えているとされています。日本の22病院の多施設共同研究では、誤嚥性肺炎は、70歳以上の肺炎の約80%、90歳以上では90%以上を占めるとされています。 高齢者や脳卒中患者では、唾液などの
『断ち切りたい誤嚥性肺炎悪化サイクル』の画像

肺炎は2011年に脳血管障害を抜いて日本人の死因の第3位に上がりました。しかし、2017年には第5位へランクダウンしました。肺炎は減ったのでしょうか?地域医療でもよく経験される「誤嚥性肺炎」ですが、「肺炎」であると確実に言えても「誤嚥性である」と確実に言い切れるの
『肺炎で亡くなる人は減ったのか?』の画像

脳損傷後長期間経ったときに、陥りやすい問題として、「リハビリテーションの目的化」「活動・参加につながらない機能練習」などがあります。より良い生活の再構築に手を付けずに、機能練習に長期間固執してしまうケースです。身体機能回復を図るのはもちろん重要ですが、在
『脳損傷片麻痺で発症後長期のリハビリテーション』の画像

スタッフ「おはようございます!今日はお変わりありませんか?」家族 「おはようございます。特にありません。宜しくお願いします」スタッフ「了解しました!行ってきます!」 家族 「最近わがままになっちゃて大変です。父がご迷惑お掛けしてませんか?‥してますよね?
『家族とのやり取りから』の画像

より生活に向けた場所でリハビリテーションとして関わりたいと思い、4月よ​り作業療法士として入職し、半年が経ちました。やっと慣れてきた​頃ですが、まだまだ知らないことも多く、色々とフォローして頂き​ながら働いています。2018年5月に、日本作業療法士協会の定める
『そのひとにとって大切なことは?』の画像

1年間の育児休暇をいただき、今年4月に外来看護師として復帰しました。育児休暇中の1年間は、初めての育児に戸惑う事も多く、日に日に成長していく娘に母親として追い付くのに精一杯の毎日でした。復帰にあたり当初不安もありましたが、1年ぶりに外来で会う患者さんの中には
『1年間の育児休暇から学んだこと』の画像

先日、地区ケア会議に初めて参加しました。地区ケア会議は、地域に暮らす方々の暮らしを支える職種が集まり、実際に関わりのある在宅療養者に、より良い関わりが出来るよう多角的な視点で意見を出し合う場です。出席者が順番に自己紹介をした後、1つの実例に基づき、話し合い
『地区ケア会議 管理栄養士として』の画像

医療や介護保険で提供するリハビリテーションには、当然ながら「目標」と「期間」の設定が必要です。しかし、病院から在宅に帰ってきた当初は、厳密に具体的には「目標」と「期間」を決められないこともしばしばあります。なぜなら、退院直後は日常生活が確立しておらず、生
『生活期・在宅リハビリテーションの目標と期間の設定』の画像

朝晩だいぶ涼しくはなりましたが、まだ残暑が厳しい時期です今年の夏はいかが過ごされたでしょうかスタッフがベストのパフォーマンスができるような環境を整える事が、管理の仕事の一つだと考えています職場の環境を整える事も一つですが、プライベートの時間がしっかりと取
『最大限の力を引き出せるような環境』の画像

リハビリテーション科有床診療所に入院中の患者さんには、「リハビリテーションをするために入院をしている」という考えを持っている方が多くいらっしゃいます。その考えは全く誤りではありません。しかしそれは、1日の中で決まった時間だけリハビリテーションをすれば、それ
『リハビリテーション以外の時間を楽しむこと』の画像

初期臨床研修医が定期的に当院へ研修に来ます。 「地域医療研修」「リハビリテーション科研修」どちらにも対応しています。 また、日本リハビリテーション医学会の「認定研修施設」になっています。 2019年8月に研修に来てくれた初期臨床研修医の感想を以下に紹介いたしま
『地域医療研修に来た初期臨床研修医2019年8月』の画像

↑このページのトップヘ