朝晩だいぶ涼しくはなりましたが、
まだ残暑が厳しい時期です

今年の夏はいかが過ごされたでしょうか


スタッフが
ベストのパフォーマンスができるような環境を整える事が、
管理の仕事の一つだと考えています


職場の環境を整える事も一つですが、
プライベートの時間がしっかりと取れるよう
管理する事も重要になってきます


そのためには、
しっかりお休みを取ることが必要です


スタッフには常々、
計画的に休んでねと声をかけています。

もちろん私も、計画的にお休みを取ります。


3
か月先まで休みの希望が書き込めるように、
シフト表を掲示するようにし、
各自が調整できるようにします。


私ばかりが働いて…休みたいけれど休めない…よりも

みんなで気持ちよく、

休む時は休む、
働くときは働く、

時にはお休みが重なり
勤務者が少ない時もあるけれど、
それはお互いさま


そんな感じで、
メリハリをつけて仕事をしてもらっています


今度のお休み○○に行くけれど、
お勧めの食べ物ってある?


○○のコンサートで良い席が取れたんです!
(だから、お休みします!)


私は△△の時期に休みます!それまでは、頑張って働きます!


こんな会話が飛び交う事がありますが、
それも大切なコミュニケーションです。


スタッフが生き生きと仕事の話をする姿はありがたいですが、
こんなふうに楽しそうに話している姿も
管理者としてとてもうれしく思います。


もちろん、
アクティブなお休みだけでなく、
ゆっくり休むためのお休みも必要です


心身共に疲れた状態で仕事をすると、
効率が下がる事は誰でもわかっていると思います


でも、休めない…

それはなぜ?


人がいないから
(どこもそうですよね)

私だけ、休みたいなんて言い出せない
(みんなが言えばよいのにね)

仕事が沢山溜まってしまっているから
(疲れて効率が悪くて溜まってしまっていませんか)

私が休んだら大変なことになる!?
(本当?)

だってとにかく休めない!
(休みたいけど…)


休めない理由は沢山考え付くのに、
何故だか休む理由は思いつかなくなっていませんか?


私の友人で管理をされている方々は、
自分が率先して休むようにしている
という人が結構居られます。

「これも大事な管理なのよね」と、話をすることがあります。


お休みを気持ちよく取れる職場環境を作るには


「お互いを思いやる気持ち」=「お互い様の気持ち」

これがあればよいように思います


これって、
お休みだけでなく
普段の仕事の仕方から始まる事なのかもしれません


そのためには、
スタッフ同士の
良好なコミュニケーションが欠かせないように思います


スタッフが生き生きと働いている姿、

そんな姿から
患者さんも元気や勇気をもらう事があるのではないでしょうか


もしかしたら、
ベターなパフォーマンスもベストになるのでは?
なんて思う事もあります


「癒す仕事の私たちは、癒される必要がある!」
「最高の癒しを知らずして、何故最高の癒しを提供できる?」
(これ私の自論ですが)


私たちは、
患者さんの生きる力を最大限に引き出す仕事をしています


そんな私たちだからこそ、
自分の生きる力も最大限に引き出せるような環境で
仕事をする必要があるのでは…


その為に私ができる事…


先ずは、
遅めの夏休みですが、観劇三昧の日々を過ごすことかな


森山リハビリテーションクリニック 看護師長 岩本由美子
2019 人気ランキングbanner←記事が良かったらクリックお願いします