スタッフ「おはようございます!今日はお変わりありませんか?」

家族 「おはようございます。特にありません。宜しくお願いします」

スタッフ「了解しました!行ってきます!」

 

家族 「最近わがままになっちゃて大変です。父がご迷惑お掛けしてませんか?‥してますよね?」

スタッフ「大丈夫ですよ。とても楽しそうに頑張っていますよ」

家族 「本当にすみません!ビシバシ宜しくお願いします」

 

家族 「実は昨日転んじゃって・・・怪我は無い様なんですが・・」

スタッフ「えーっ!痛い所ないの?どこ打ちましたか?」

本人 「左に倒れたけどそんなに痛めてないから大丈夫」

スタッフ「取り敢えず、行ってみましょうか。看護師さんもいるから診てもらいましょう。そうしたら安心だし」

家族 「助かります!よろしくお願いします」
 

スタッフ「今日は頑張り過ぎちゃいましたー!午後はゆっくり休んで下さい」

家族 「分りました。ありがとうございました」

 

家族 「行けば楽しい様なんですが・・・朝になると駄目みたいなんです。デイサービスもそんな感じであまり行けてないんですけど」

スタッフ「通所中はしっかり出来ているし、とても楽しそうだし・・・メンタルの問題ならもう少し様子を見てみましょうか?こちらも努力してみますね」

家族 「分りました。ありがとうございます!」

 

日々こんな会話から通所が始まります。


常に万全ではない体調 
家族とのこの様なやり取りが
一歩前進へと繋がるのではないかと思っています。

 

利用者の身体だけではなく、
心のフォローも大切な事・・・
皆さんの顔を見るとそんな思いにさせられます。

 

明日もまた迎えに参ります!


森山リハビリテーションクリニック 介護事業部 介護士 渡邊ちあき
2019 人気ランキングbanner