リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

訪問リハビリテーション

本年度、介護事業部はお盆の時期に一斉にお休みをいただきました。「お休みはしっかり休んでリフレッシュして下さいね」というのが当法人の方針なので、感謝しつつ、しっかりと休んでリフレッシュさせていただきました。ここ数年は、「夫と一緒に山登りやハイキングをして温
『リフレッシュしてきました!!』の画像

わたしたちは、人生の再出発を支える仕事もしています。入院中の人であれば、病気やケガを、自宅やこれまで生活していた場所で落ち着いて暮らせる状態になるまで克服して退院すること、退院した人は、その人の望む生活に向かうことを目指します。リハビリテーション専門職は
『その人にとっての「元気な暮らし」を選択する』の画像

当院で提供しているリハビリテーションは4種類あります。どのような考え方で、それぞれの適応を考えているのかについてお話します。「外来リハビリテーション」に続き、今回は「訪問リハビリテーション」についてです。リハビリテーション医療は、機能の回復を図り、障害を克
『リハビリテーション適応 訪問リハビリテーション』の画像

森山リハビリテーションクリニックからの訪問リハビリテーションだからこそできる装具への対応を紹介します。当院の訪問リハビリを利用している方のなかに、脳卒中の後遺症による関節拘縮を予防するための短下肢装具を着用している方がいます。着用は主にご家族やヘルパーさ
『クリニックからの訪問リハビリテーションだからできる装具への対応』の画像

東京のソメイヨシノは今週で見納めでしょうか?私は言語聴覚士ですが、桜の季節は家にこもっているなんて勿体なくてできません。お身体の状態が許せば、あの手この手を使って利用者さんをお花見に連れ出すことにしています。 訪問リハビリテーションの利用者さんは、自力で
『訪問リハビリテーション お花見散歩もコミュニケーション練習に』の画像

訪問リハビリテーションでは、まず利用者さんに挨拶をして、その後、全身状態の観察とバイタルチェックを行ってからリハビリテーションを始めます。時には、発熱していることや、腹痛を訴えていることもあります。そのようなとき、私たち療法士はすぐにクリニックに電話し、
『訪問リハビリテーション 医師・看護師・受付事務・療法士の連携プレー』の画像

当院で入院リハビリテーションをおこない、退院後、訪問リハビリテーションを開始した90代男性の利用者さんがいらっしゃいます。入院中はあまり積極的に動かなかったようですが、自宅に帰ってみると近くのお店までコーヒーを飲みに行くのが楽しみとなり、シルバーカーを押し
『訪問リハビリテーションのときより元気なんですけど!』の画像

森山リハビリテーションクリニックでは、介護保険を使って訪問リハビリテーションと通所リハビリテーションをご利用される際に、リハビリテーション会議を行って、利用者様にサービスを提供させて頂いております。「リハビリテーション会議って何?どうやって行うの?どんな
『「リハビリテーション会議」とは?』の画像

生活期リハビリテーションの現場では、その人の凄さを感じる場面が多々あります。そんな場面の1つを紹介します。 訪問リハビリテーションを利用している方のなかに、元々職人さんとして長く働いていた方がいらっしゃいます。脳出血後遺症があります。訪問リハビリテーション
『訪問リハビリテーション「目がキラリ!」』の画像

生活期リハビリテーションの現場では、人と人とのドラマを感じる場面が多々あります。そんな場面の1つを紹介します。訪問リハビリテーションの利用者Xさん(脳出血後遺症)との会話のなかで、「A病院のリハビリテーション科医の先生はとても熱心だったよ」と聞きました。A病院
『訪問リハビリテーション「まさかの再会」』の画像

介護事業部で提供しているもう一つのリハビリテーション「訪問リハビリテーション」について紹介いたします。<当院の訪問リハビリテーションの特徴>介護保険でいうところの「訪問リハビリテーション」とは、医療機関または老人介護保健施設(老健)から提供するものをさし

↑このページのトップヘ