クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

講演 学会 研修

椅子に座る動作の練習をするときに、尻もちをつくように座り込む人、後方にバランスを崩してしまう人がいます。 ゆっくりバランスを保ちながら座るには、体の重心を、左右の足底で囲まれる部分(立っているときの支持基底面)の中からはみ出さないようにしゃがみ込む必要があ
『感覚に働きかけるヒトとモノ』の画像

訪問リハビリテーションの利用者さんで、自費でCYBERDYNE社のHAL®を使って歩行練習をされている方(Sさん)がおられます。Sさんは、約10年前に、頚髄損傷(C3-C5)による四肢麻痺を受傷された方です。以前から「筑波のHAL®に行ってるんだよ」とお話をされており、訪問リハビ
『とある休日、、ドライブデートに同行!?』の画像

2019年度区南部圏域高次脳機能障害支援普及事業の「高次脳機能障害症例検討会」がおこなわれ、品川区・大田区から高次脳機能障害支援に携わる方々が約50名参加されました。第1部で「医療機関と地域の施設の連携」について講演いたしました。第2部では事例検討がおこなわれ、
『2019年度区南部「高次脳機能障害症例検討会」』の画像

茨城県の令和元年度第2回「高次脳機能障害者支援従事者研修会」に参加しました。第1部で「高次脳機能障害者の主体性回復の流れ及びかかわり方」の講演を担当し、第2部の事例検討にも参加しました。高次脳機能障害支援に携わる方や、障害当事者、そのご家族が参加されていまし
『茨城県 高次脳機能障害者支援従事者研修会』の画像

1月17日から19日まで大阪で開催された「訪問リハビリテーション管理者養成研修会STEP3」を受講してきました。STEP1から始まった研修も今回で一区切りとなります。今回は修了試験もあり、ドキドキでしたが、無事修了することができました。せっかく大阪に行ったので、朝少し早
『スタッフ間コミュニケーションについて考える』の画像

先日、福祉住環境コーディネーターの2級試験を受けて参りました。結果は無事に合格できました。 この福祉住環境コーディネーターとは「高齢者や障害者に対し、できるだけ自立しいきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザー」です。福祉住環境コーディネーターは医療・
『福祉住環境コーディネーター』の画像

対人援助学会第11回大会が立命館大学大阪いばらきキャンパスでおこなわれ、企画ワークショップ(WS)で発表・ファシリテートしてきました。WSのタイトルは「中途障害者の生活期で回復につながる主体性の段階評価は、障害をみている現場にとっていかに役立つのか?」でした。(対
『対人援助学会第11回大会 主体性ワークショップ』の画像

先日、野球選手における肩肘傷害予防についての勉強会に参加する​機会を得ました。講師が、米国マイナーリーグでアスレチックトレーナーとして現役​で活動している方だったこともあり、私自身、積極的にスポーツの​現場に携わっているわけではありませんが、元々スポーツ
『野球の肩肘傷害予防の勉強会に参加して』の画像

第3回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会で、日本生活期リハビリテーション医学会との合同シンポジウム「生活期リハビリテーション医療における リハビリテーション科医の活躍」で「生活の活動に影響を与える疾患の管理」の発表をしてきました。生活の場でみるポイン
『「生活の活動に影響を与える疾患の管理」日本リハ医学会』の画像

2019/11/11(月)、11/18(月)と2回に渡り、「自衛消防検定」のための防災訓練・研修が行われました。今回は、地震後の火災を想定しての訓練です。 プログラムの内容は以下の通りです。 ①自身の安全確保②周囲の破損・安全確認③火災場所の確認、連絡手段、初期消化④初
『「自衛消防検定」に合格しました!!』の画像

11月22日から24日まで、大阪で開催された「訪問リハビリテーション管理者養成研修会STEP2」を受講してきました。全国から160名近い療法士が集まり、その熱気と熱量を肌で感じて大いに学んで帰ってきました。そこでは、法令順守、組織づくりなどについて、グループワークで課
『スタッフが主体的に働く職場とは?』の画像

先日、研修会にて大学時代の教授と再会いたしました。柳田正明先生。オレンジ色のシャツがトレードマークの素敵な先生です。「強度行動障害」と「ABC分析」に関するご講義を拝聴しました。大学では、障害者福祉や人権についてのご講義の他、相談援助実習時にもご指導をいただ
『再会 ‐きっかけは品川福祉カレッジ‐』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、改変、加工した場合には、この作品と同じCCライセンスの下に頒布を認めます。