クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

リハビリテーション医学・医療

リハビリテーション科専門医は、家庭生活・社会生活へのアプローチやリハビリテーションマネジメントができるので、地域包括ケアシステムにおいて重要な役割が担えると思います。全国には、地域の中で本当に立派な仕事をされているリハビリテーション科医の方々がいらっしゃ
『なぜ リハビリテーション医療を知っている医師が少ないのか?』の画像

椅子に座る動作の練習をするときに、尻もちをつくように座り込む人、後方にバランスを崩してしまう人がいます。 ゆっくりバランスを保ちながら座るには、体の重心を、左右の足底で囲まれる部分(立っているときの支持基底面)の中からはみ出さないようにしゃがみ込む必要があ
『感覚に働きかけるヒトとモノ』の画像

当院では「上下肢の痙縮」に対するボツリヌス療法をおこなっています。痙縮は、脳卒中や脊髄損傷患者さんの後遺症として多くみられる症状で、自分の意志とは関係なく筋緊張が高まってしまう症状です。以前、医療関連の広告会社さんからボツリヌス療法についての質問・取材を
『ボツリヌス療法の適応ってなんですか?』の画像

「フレイル対策シリーズ」の第3弾で「呼吸器系と健康長寿・フレイル対策」という書籍の分担執筆を担当し、今月発刊されました。慢性呼吸器疾患による負のスパイラルをどう抑止するか「健康長寿・フレイル対策」が解説されています。超高齢社会を迎えた本邦では、要介護に至る
『呼吸器系と健康長寿・フレイル対策』の画像

皆さん、フレイルという言葉を聞いたことはありますか?フレイルは予防が重要と考えられ、知っていれば防げる面があると考えます。 高齢者は健康な状態から突然、要介護状態に移行することは脳卒中などのケースでみられますが、今後人口増加が見込まれる後期高齢者(75歳以
『予防が大事 フレイルとサルコペニアの関係性』の画像

私は言語聴覚士として、当院に勤務しています。私が患者さまにお会いする時に気をつけていることは、その日のリハビリテーションを開始したその瞬間から、患者さまから得られる情報を見逃さないことです。例えば、リハビリテーション時に毎回行うフリートークでは、今日の体
『言語聴覚士として大事にしていること』の画像

「リハビリテーション医療って、分かるようでわからない」こんな疑問をお持ちの医師や看護師の方々は多いのではないでしょうか。現在の医学教育では、リハビリテーション科を体系的に教育できる体制の整っている医学部が全国的に少ないため、リハビリテーション科については
『リハビリテーション医療は「活動(生活動作)」を重要に考える医療です』の画像

【品の輪とは】品川区を主とした地域の実情に合わせた活動をすべく、品川区内のリハビリテーション専門職の相互連携の強化や情報共有を推し進め、広く品川区区民の皆様に対して、リハビリテーションの継発・推進・教育並びにその支援、リハビリテーション等に携わる人材の交
『品の輪OT主催勉強会 3Dプリンタ活用法』の画像

10月14日読売新聞にピンピン「3年長く」国家戦略という記事がありました。日本人の2018年の平均寿命は男性81.25歳、女性87.32歳で世界トップクラス。問題は、健康寿命が平均寿命より男性で8歳以上、女性で12歳以上も短いことだ。その間は、日常生活に何らかの制限がある「不
『健康寿命の延伸だけではなく』の画像

私は十数年前、理学療法士として10年間大学病院に勤務していましたが、「10年必死に理学療法に向き合ったら、全く違う事がしてみたい」という思いが芽生えていました。また、素敵な先輩方や後輩達に恵まれて、好き勝手言える様な楽な立場でもあったのに、このまま何不自由な
『ハワイ留(遊)学経験が今につながる』の画像

先日、中学生になる娘にこんなことを言われました。職業体験についての授業の時に、「学校のみんなは理学療法士って何かわからなかった」と、紹介された職業のなかに理学療法士があったらしいのですが、ほぼ誰も何のことかわかたなかったそうです。今は東京パラリンピック絡
『理学療法士の認知度って?』の画像

わたしたちは、人生の再出発を支える仕事もしています。入院中の人であれば、病気やケガを、自宅やこれまで生活していた場所で落ち着いて暮らせる状態になるまで克服して退院すること、退院した人は、その人の望む生活に向かうことを目指します。リハビリテーション専門職は
『その人にとっての「元気な暮らし」を選択する』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、改変、加工した場合には、この作品と同じCCライセンスの下に頒布を認めます。