リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

通所リハビリテーション

スタッフ「おはようございます!今日はお変わりありませんか?」家族 「おはようございます。特にありません。宜しくお願いします」スタッフ「了解しました!行ってきます!」 家族 「最近わがままになっちゃて大変です。父がご迷惑お掛けしてませんか?‥してますよね?
『家族とのやり取りから』の画像

森山リハビリテーションクリニックには、介護保険分野があります。「通所リハビリテーション」と「訪問リハビリテーション」を提供しており、「地域リハビリテーション」の一端を担っています。<通所リハビリテーション概要>当院の通所リハビリテーションは、品川区で唯一
『利用者さんの主体性を大事に考えている介護事業部です~通所リハビリテーション編~』の画像

森山リハビリテーションクリニックで提供しているリハビリテーションについて、それぞれの適応をどのように考えているのかについてお話します。「外来リハビリテーション」「訪問リハビリテーション」「入院リハビリテーション」に続き「通所リハビリテーション」についてで
『リハビリテーション適応 通所リハビリテーション』の画像

通所リハビリテーションのリハビリテーション会議に多くのケアマネージャーさんが、お忙しい時間を割いて参加して下さっています。会議までの待ち時間がある場合には、担当されている利用者さんの様子を見ながら、利用者さんと一緒になって、同じ運動をしてくださるケアマネ
『通所リハビリテーション ケアマネージャーさんとの連携』の画像

年齢とともに、身体の力を抜くこと、いわゆる脱力が下手になります。最近、私がとても実感していることの一つです。もともと私は、音楽大学で声楽を専門に勉強していました。ピアノなど、他の楽器もみんなそうなのですが、声楽においても、声を響かせるためには、身体の余分
『身体の力を抜くことの大事さ』の画像

先日、タイから研修に来たリハビリテーション科医の先生が通所リハビリテーションの見学にいらっしゃいました。 2日にわたり、およそ1時間ずつ、利用者さんと一緒に過ごしていただき、運動も一緒にしていただきました。以前にも、研修医の先生が見学にいらっしゃることはあ
『心が動くと身体も動き出す タイから見学者がやってきた!』の画像

当院で入院リハビリテーションをおこない、退院後、訪問リハビリテーションを開始した90代男性の利用者さんがいらっしゃいます。入院中はあまり積極的に動かなかったようですが、自宅に帰ってみると近くのお店までコーヒーを飲みに行くのが楽しみとなり、シルバーカーを押し
『訪問リハビリテーションのときより元気なんですけど!』の画像

森山リハビリテーションクリニックでは、介護保険を使って訪問リハビリテーションと通所リハビリテーションをご利用される際に、リハビリテーション会議を行って、利用者様にサービスを提供させて頂いております。「リハビリテーション会議って何?どうやって行うの?どんな
『「リハビリテーション会議」とは?』の画像

ある朝の送迎前、「腰が痛いから通所リハビリテーションに行くかどうしようかと思って電話したのだけれど・・・」と、暗い声を受話器の向こうから届かせている方がいました。「安静の必要な場合もあるけれど、通所に来たら軽快することも多いよ」と促し、送迎ルートを変更するこ
『通所リハビリテーション 送迎車の中は泣いたり笑ったり!!』の画像

私は言語聴覚士として通所リハビリテーションに携わっています。 当クリニックの通所リハビリテーションは1枠70分の短時間型です。そしてほとんど集団での運動を提供しています。 言語聴覚士がそんな通所リハビリテーションに居ても意味がないと思われるかも知れません。 

↑このページのトップヘ