クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

看護

最近、日曜日の体操効果を思わぬところで感じました当院は7割以上の方が介護保険サービスを活用し自宅に退院されていきます。日中は、デイサービスを利用される方が居られます。サービス利用にあたり、「大丈夫でしょうか?」と相談を受ける事があります。そのような時に、サ
『入院中から始まる 退院後の生活支援 病棟の体操からデイサービスへ』の画像

リハビリテーションを目的にご入院される患者さんの平日のスケジュールは結構ハードです朝食後少し休まれると、午前中のリハビリが始まります中には、午前中に2回リハをされる方も居られますリハビリの後は、お風呂や清拭などの清潔ケアちょっとお休みして、お昼ご飯そして午
『入院中から始まる 退院後の生活支援 病棟余暇時間の過ごし方』の画像

今、存命中の正解最高齢は日本の116歳の女性だそうです。オセロを毎日楽しみ、大好物はチョコレート、食事は3食しっかり完食しているとある記事で読み、その年齢で趣味を楽しみ、食欲もしっかりあることに驚きました。病棟で働いていると90歳以上の方も入院してこられ、病気
『長生きの方の共通点』の画像

看護部病棟では、当クリニックでの勤務経験が一番長い私です。毎日楽しく業務しています。 休日には趣味で出掛ける楽しみがあります。釣りが趣味です。若い頃から釣りが好きで、ベテラン漁師の方にも「嫁に来て欲しい」とスカウトされた事もあります!笑先日も海釣りに行き
『ワークライフバランスの大切さ』の画像

病院、無床クリニック、老人保健施設での勤務経験はありましたが、有床クリニックでの勤務は初めてです。看護師になりたてのころは、整形外科病棟で勤務し、手術後の患者さんとは退院するまで毎日リハビリテーションに励んでいたのを思い出しました。リハビリテーション科で
『多岐にわたる病気』の画像

今から15年程前長女は就職 長男は大学生に。夫は趣味が高じて家を空ける事も多く、第2の青春を謳歌。友達は1人、2人と働き始め自分も何かをしなければ…と思っていた矢先に新聞折り込みで目にした「ヘルパー2級」の文字。 資格取得後は在宅を1年間。自信にもなり、常
『第2の青春』の画像

1年間の育児休暇をいただき、今年4月に外来看護師として復帰しました。育児休暇中の1年間は、初めての育児に戸惑う事も多く、日に日に成長していく娘に母親として追い付くのに精一杯の毎日でした。復帰にあたり当初不安もありましたが、1年ぶりに外来で会う患者さんの中には
『1年間の育児休暇から学んだこと』の画像

朝晩だいぶ涼しくはなりましたが、まだ残暑が厳しい時期です今年の夏はいかが過ごされたでしょうかスタッフがベストのパフォーマンスができるような環境を整える事が、管理の仕事の一つだと考えています職場の環境を整える事も一つですが、プライベートの時間がしっかりと取
『最大限の力を引き出せるような環境』の画像

リハビリテーション科有床診療所に入院中の患者さんには、「リハビリテーションをするために入院をしている」という考えを持っている方が多くいらっしゃいます。その考えは全く誤りではありません。しかしそれは、1日の中で決まった時間だけリハビリテーションをすれば、それ
『リハビリテーション以外の時間を楽しむこと』の画像

森山医院の看護師です。今年の4月に入職しました。森山医院に勤める前は、小児科クリニックに5年間勤務していました。主に小児の患者さんに接していました。診療の介助のほか、予防接種や健診を行っていました。小児科クリニックでは、注射など嫌なことも、子どもたちが少し
『小児科から転職して』の画像

私はこの一年、外来業務を軸とし、訪問診療の同行、通所リハビリテーション、病棟とさまざまな業務内容を経験させていただきました。 現在は午前中通所リハビリテーションに配置、午後は外来に配置し業務を行っています。クリニック勤務が始めての私にとってはどれもこれも
『リハビリテーションの役割と看護の役割 「生活過程を整える」』の画像

先日、排泄についての研修会を行いました。今回は基本に立ち返り、当院で使用しているオムツやパットの特徴と当て方について学ぶ機会を設けました。今さら…なんて思ったスタッフも居たようですが、患者さんの生活にとって排泄の問題はとても重要です。在宅の生活ができるか
『適切な排泄ケアがもたらす幸せ~ひとり一人が輝くために~』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、改変、加工した場合には、この作品と同じCCライセンスの下に頒布を認めます。