クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

リハビリテーションの考え方

リハビリテーション科専門医は、家庭生活・社会生活へのアプローチやリハビリテーションマネジメントができるので、地域包括ケアシステムにおいて重要な役割が担えると思います。全国には、地域の中で本当に立派な仕事をされているリハビリテーション科医の方々がいらっしゃ
『なぜ リハビリテーション医療を知っている医師が少ないのか?』の画像

「総合リハビリテーション」2020年1月号の実践講座「脳損傷の在宅リハビリテーション」という連載の中、「片麻痺:歩行能力の向上」を担当しました。「急性期・回復期」と「在宅(生活期)」のリハビリテーションの違いについて意識しながら書いています。急性期・回復期リハビ
『「脳損傷の在宅リハビリテーション」片麻痺:歩行能力の向上』の画像

第3回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会で、日本生活期リハビリテーション医学会との合同シンポジウム「生活期リハビリテーション医療における リハビリテーション科医の活躍」で「生活の活動に影響を与える疾患の管理」の発表をしてきました。生活の場でみるポイン
『「生活の活動に影響を与える疾患の管理」日本リハ医学会』の画像

「リハビリテーション医療って、分かるようでわからない」こんな疑問をお持ちの医師や看護師の方々は多いのではないでしょうか。現在の医学教育では、リハビリテーション科を体系的に教育できる体制の整っている医学部が全国的に少ないため、リハビリテーション科については
『リハビリテーション医療は「活動(生活動作)」を重要に考える医療です』の画像

地域医療や地域包括ケアシステムに必要なのは「全人的医療」だと言われています。「全人的医療」とはなんでしょうか?地域医療は、「全人的医療」=「リハビリテーション医療」+「総合診療」で、うまくいくと考えられます。全人的医療を掲げる「総合診療専門医」と「リハビ
『地域包括ケアシステムに必要な「全人的医療」とは?』の画像

脳損傷後長期間経ったときに、陥りやすい問題として、「リハビリテーションの目的化」「活動・参加につながらない機能練習」などがあります。より良い生活の再構築に手を付けずに、機能練習に長期間固執してしまうケースです。身体機能回復を図るのはもちろん重要ですが、在
『脳損傷片麻痺で発症後長期のリハビリテーション』の画像

医療や介護保険で提供するリハビリテーションには、当然ながら「目標」と「期間」の設定が必要です。しかし、病院から在宅に帰ってきた当初は、厳密に具体的には「目標」と「期間」を決められないこともしばしばあります。なぜなら、退院直後は日常生活が確立しておらず、生
『生活期・在宅リハビリテーションの目標と期間の設定』の画像

当院で提供しているリハビリテーションは4種類あります。どのような考え方で、それぞれの適応を考えているのかについてお話します。「外来リハビリテーション」「訪問リハビリテーション」に続き今回は「入院リハビリテーション」についてです。リハビリテーション医療は、機
『リハビリテーション適応 入院リハビリテーション』の画像

当院で提供しているリハビリテーションは4種類あります。どのような考え方で、それぞれの適応を考えているのかについてお話します。「外来リハビリテーション」に続き、今回は「訪問リハビリテーション」についてです。リハビリテーション医療は、機能の回復を図り、障害を克
『リハビリテーション適応 訪問リハビリテーション』の画像

当院で提供しているリハビリテーションは4種類あります。医療保険の「外来リハビリテーション」「入院リハビリテーション」介護保険の「通所リハビリテーション」介護保険・医療保険の「訪問リハビリテーション」です。どのような考え方で、それぞれの適応を考えているのかに
『リハビリテーション適応 外来リハビリテーション』の画像

「地域包括ケアシステム」は、地域の包括的な支援・サービス提供体制です。重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステム。市町村や都道
『リハビリテーション医療は地域包括ケアにおいて強い力を発揮する』の画像

障害の考え方として、「医学モデル」と「社会モデル」という考え方があります。以下の図で示すのは、障害の階層モデルです。上に行けばいくほど生物学的で、下に行けばいくほど社会的です。 それぞれの階層にとって両隣は重要ですが、ひとつ離れるとあまり関係なくなるとい
『医学モデルと社会モデル 障害の考え方』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、改変、加工した場合には、この作品と同じCCライセンスの下に頒布を認めます。