リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

主体性

リハビリテーション科有床診療所に入院中の患者さんには、「リハビリテーションをするために入院をしている」という考えを持っている方が多くいらっしゃいます。その考えは全く誤りではありません。しかしそれは、1日の中で決まった時間だけリハビリテーションをすれば、それ
『リハビリテーション以外の時間を楽しむこと』の画像

私は理学療法士として、日々患者さんの身体機能面や基本動作、歩行などに対し、リハビリテーションを実施しております。 ただし、これらのアプローチはあくまで手段であり、目的とならないよう、気をつけております。身体機能面の改善や、基本動作能力の向上により、患者さん
『障害者スポーツを通して、患者さんに届けたい想い』の画像

脳卒中や脊髄損傷などで麻痺などの機能障害が残存した場合、患者さんと医療者の障害に対する見解の相違(ギャップ)がみられることをよく経験します。 機能障害や活動制限が残存した患者さんは、「病気をする前の自分」を基準にして「今の自分の状態」を比較します。このため
『障害のある方の心理と よく見られるギャップ』の画像

障害のある人が長期的にその人らしい生活を構築していくための「主体性」を研究中です。「主体性回復モデル」の論文に続き、「主体性回復を促す周囲のかかわり方」の論文が、”JapaneseJournalof Comprehensive Rehabilitation Science (JJCRS)” 電子ジャーナルにアップロ
『主体性回復を促す「周囲のかかわり方」の共通点』の画像

障害のある人が長期的にその人らしい生活を構築していくための「主体性」を研究中しています。 「主体性回復モデル」の論文が、2019年5月”Japanese Journalof Comprehensive Rehabilitation Science (JJCRS)” 電子ジャーナルにアップロードされました。日本語タイトルは
『その人らしい生活を構築していくための「主体性回復モデル」』の画像

森山リハビリテーションクリニックには、介護保険分野があります。「通所リハビリテーション」と「訪問リハビリテーション」を提供しており、「地域リハビリテーション」の一端を担っています。<通所リハビリテーション概要>当院の通所リハビリテーションは、品川区で唯一
『利用者さんの主体性を大事に考えている介護事業部です~通所リハビリテーション編~』の画像

中途障害者の長期の回復に「本人の主体性が大事である」と気づいている現場の方は多いのではないでしょうか。主体性について研究中しており、2018年、2019年以下の論文を発表しました。「障害のある在宅脳損傷患者の長期的な回復につながる主体性の概念」対人援助学研究2018
『障害のある人が良くなっていくための主体性 病院から地域へ帰ってきたとき』の画像

先日、「障害のある人の長期的な改善につながる主体性」についての院内研修会がありました。 研修で聞いた内容は、まさしく私の主人のことと重なりました。私の主人は、22年前に事故で右下肢単麻痺となり、身体障害者(肢体不自由)の手帳を取得しています。車椅子移動であっ
『主体性の研修会を受け 振り返ってみると』の画像

障害のある方が生活期で長期的に改善していくには「主体性」が大事ではないか、と考えています。驚いたことに、すでに1970年代に、「主体性」が高齢者の生活を改善したと解釈できる報告がなされています。ハーバード大学のEllenJ. Langer教授は1970年代、高齢者が自らの責任
『「主体性」が高齢者の生活を改善するのは 1970年代にわかっていた!?』の画像

当院に入院される患者さんの平均年齢は78歳です。患者さんによっては80歳を超える事があります。患者さんの年齢層からみても、日本の高齢化を肌で感じます。また、当院でリハビリテーションをされる患者さんの疾患は多岐にわたります。 その中でも、サルコぺニアもしくはフ
『生活を再構築する看護 有床診療所の入院中の看護』の画像

当院で入院リハビリテーションをおこない、退院後、訪問リハビリテーションを開始した90代男性の利用者さんがいらっしゃいます。入院中はあまり積極的に動かなかったようですが、自宅に帰ってみると近くのお店までコーヒーを飲みに行くのが楽しみとなり、シルバーカーを押し
『訪問リハビリテーションのときより元気なんですけど!』の画像

↑このページのトップヘ