リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

介護保険

3日間、訪問リハビリテーション管理者養成研修会STEP1を受講してきました。密度の濃い、学びの多い研修会でした。研修会の中で、私にとって一番印象的な言葉が、逢坂伸子先生の「退院直後は在宅急性期です。その時にリハビリテーションのバトンはスムーズに渡っていますか?
『退院直後は在宅急性期!!』の画像

スタッフ「おはようございます!今日はお変わりありませんか?」家族 「おはようございます。特にありません。宜しくお願いします」スタッフ「了解しました!行ってきます!」 家族 「最近わがままになっちゃて大変です。父がご迷惑お掛けしてませんか?‥してますよね?
『家族とのやり取りから』の画像

令和元年度から新設された「医療と介護連携地域ケアブロック会議」のブロックリーダーになりました。品川区のホームページでは以下のように「医療と介護連携地域ケアブロック会議」が説明されています。区内4カ所の総合病院を軸としたブロックごとに、地域の医療・介護・福祉
『品川区 医療と介護連携地域ケアブロック会議』の画像

本年度、介護事業部はお盆の時期に一斉にお休みをいただきました。「お休みはしっかり休んでリフレッシュして下さいね」というのが当法人の方針なので、感謝しつつ、しっかりと休んでリフレッシュさせていただきました。ここ数年は、「夫と一緒に山登りやハイキングをして温
『リフレッシュしてきました!!』の画像

森山リハビリテーションクリニックには、介護保険分野があります。「通所リハビリテーション」と「訪問リハビリテーション」を提供しており、「地域リハビリテーション」の一端を担っています。<通所リハビリテーション概要>当院の通所リハビリテーションは、品川区で唯一
『利用者さんの主体性を大事に考えている介護事業部です~通所リハビリテーション編~』の画像

品川区軽度認知症支援プログラム作成委員会・検討委員会において、通所介護事業所(以下デイサービス)向けのプログラムの作成から実施・普及にいたるお手伝いを、2018年6月よりさせていただいています。先日、品川区高齢福祉課認知症対策係主催の、プログラムについての事業
『品川区軽度認知症高齢者支援プログラム事業へのかかわりを通して』の画像

森山リハビリテーションクリニックでは、介護保険を使って訪問リハビリテーションと通所リハビリテーションをご利用される際に、リハビリテーション会議を行って、利用者様にサービスを提供させて頂いております。「リハビリテーション会議って何?どうやって行うの?どんな
『「リハビリテーション会議」とは?』の画像

ある朝の送迎前、「腰が痛いから通所リハビリテーションに行くかどうしようかと思って電話したのだけれど・・・」と、暗い声を受話器の向こうから届かせている方がいました。「安静の必要な場合もあるけれど、通所に来たら軽快することも多いよ」と促し、送迎ルートを変更するこ
『通所リハビリテーション 送迎車の中は泣いたり笑ったり!!』の画像

私は言語聴覚士として通所リハビリテーションに携わっています。 当クリニックの通所リハビリテーションは1枠70分の短時間型です。そしてほとんど集団での運動を提供しています。 言語聴覚士がそんな通所リハビリテーションに居ても意味がないと思われるかも知れません。 

介護事業部で提供しているもう一つのリハビリテーション「訪問リハビリテーション」について紹介いたします。<当院の訪問リハビリテーションの特徴>介護保険でいうところの「訪問リハビリテーション」とは、医療機関または老人介護保健施設(老健)から提供するものをさし

↑このページのトップヘ