リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

作業療法士

より生活に向けた場所でリハビリテーションとして関わりたいと思い、4月よ​り作業療法士として入職し、半年が経ちました。やっと慣れてきた​頃ですが、まだまだ知らないことも多く、色々とフォローして頂き​ながら働いています。2018年5月に、日本作業療法士協会の定める
『そのひとにとって大切なことは?』の画像

当院で提供しているリハビリテーションは4種類あります。どのような考え方で、それぞれの適応を考えているのかについてお話します。「外来リハビリテーション」「訪問リハビリテーション」に続き今回は「入院リハビリテーション」についてです。リハビリテーション医療は、機
『リハビリテーション適応 入院リハビリテーション』の画像

当院で提供しているリハビリテーションは4種類あります。どのような考え方で、それぞれの適応を考えているのかについてお話します。「外来リハビリテーション」に続き、今回は「訪問リハビリテーション」についてです。リハビリテーション医療は、機能の回復を図り、障害を克
『リハビリテーション適応 訪問リハビリテーション』の画像

当院で提供しているリハビリテーションは4種類あります。医療保険の「外来リハビリテーション」「入院リハビリテーション」介護保険の「通所リハビリテーション」介護保険・医療保険の「訪問リハビリテーション」です。どのような考え方で、それぞれの適応を考えているのかに
『リハビリテーション適応 外来リハビリテーション』の画像

リハビリテーション科の有床診療所は、地域でニーズ多い「生活を支える」能力が高いので、需要が非常に多いです。 地域に足りないものを常に考え、それを提供する。すべてに必要とされるクリニックでありたいと考えています。どこに言ったらよいかわからない悩みや困難を抱
『リハビリテーション科有床診療所の地域包括ケアでの役割』の画像

森山リハビリテーションクリニックで提供しているリハビリテーションについて、それぞれの適応をどのように考えているのかについてお話します。「外来リハビリテーション」「訪問リハビリテーション」「入院リハビリテーション」に続き「通所リハビリテーション」についてで
『リハビリテーション適応 通所リハビリテーション』の画像

平成30年度  福祉用具プランナー管理指導者養成研修【車いすシーティングコース】の「健康のとらえ方と一般臨床医学の概要」の講義を担当させていただきました。 福祉用具プランナーの上級資格である、管理指導者を目指す方々の研修でしたので、参加者の方は、その道で十分
『熱い! 福祉用具プランナー管理指導者養成研修』の画像

森山リハビリテーションクリニックは多様な機能を持っています。 当院は品川区では珍しい有床診療所です。有床診療所の入院診療も「なにやっているの?」という質問を耳にします。当院では「病気の前より動けなくなったため、退院先を自宅か施設かで迷っている」症例も受け
『リハビリテーション科中心の有床診療所は何をしているのか?(2)』の画像

森山リハビリテーションクリニックは多様な機能を持っていますが、今回は「リハビリテーション」「有床診療所」をキーワードにその内容をお伝えします。 「リハビリテーション科ってなにやっているの?」という質問を耳にします。そんなときの答えの一つは「リハビリテーシ
『リハビリテーション科中心の有床診療所は何をしているのか?(1)』の画像

当クリニックがある品川区では、近隣の病院・施設との連携や交流機会も多くあります。そのような環境の中で、品川区保健センターで開催している『難病患者のためのリハビリ教室』に、3年間携わらせて頂く機会がありました。 これまでのリハビリ教室では、音楽療法編・理学療
『作業療法士は知られていない?『リハビリ教室』への携わりを通じて』の画像

介護事業部で提供しているもう一つのリハビリテーション「訪問リハビリテーション」について紹介いたします。<当院の訪問リハビリテーションの特徴>介護保険でいうところの「訪問リハビリテーション」とは、医療機関または老人介護保健施設(老健)から提供するものをさし

地域包括ケアや地域医療に必要な医師の能力として、ある患者さんのニードには、全部まとめて対応し、その上で説明できることが大事であると考えます。それで、初めて患者さんは納得します。患者さんに説明する時に、医学的問題から説き起こしながら、リハビリテーションで何
『ストーリーを語るリハビリテーション科医師』の画像

↑このページのトップヘ