クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

品川区

認知症の方は、困っているのです。困っている事をうまく伝えられなために、いろいろとサインを出してくれます。(BPSDと言われる症状です)そのサインが、私たちには困ったことになってしまう事があります。認知症の方が、困らないように生活できれば困ったことは起きないは
『認知症看護外来 ご家族を支えるためにも』の画像

約25年ぶりに水泳の大会に出ました。「品川区民マスターズ水泳大会」に出てみました。個人種目に335、リレーに71のエントリーがありました。私は「25m平泳ぎ」にエントリー。年齢で5歳毎の区分に分かれて競います。私の区分は「45~49歳」。自分がどれくらいのタイムで泳げる
『元水泳部のリハ科医 品川区水泳大会』の画像

2019年度区南部圏域高次脳機能障害支援普及事業の「高次脳機能障害症例検討会」がおこなわれ、品川区・大田区から高次脳機能障害支援に携わる方々が約50名参加されました。第1部で「医療機関と地域の施設の連携」について講演いたしました。第2部では事例検討がおこなわれ、
『2019年度区南部「高次脳機能障害症例検討会」』の画像

品川区の医療介護福祉などの専門職による「医療と介護連携地域ケアブロック会議」が4か所の総合病院を軸としたブロックごとに 今年度から始まりました。目的は、在宅療養に関する地域特有の問題を抽出・分析し、具体的な解決策を提案・決定ができる場を設置し、区の在宅療養
『医療と介護連携地域ケアブロック会議 2019年度』の画像

森山医院の看護師です。「森山医院」と「森山リハビリテーションクリニック」は、1ブロック分、約180m離れたところにあります。今回は、「森山医院・森山リハビリテーションクリニック周辺の地域」の紹介をしたいと思います。まず、森山医院へのアクセスの紹介です最寄り駅は
『森山医院・リハクリはどこにあるの?』の画像

先日、下の娘が「大変!はす向かいのおじいちゃんが家の前で転んでいる。助けてあげて」と慌てて帰ってきました。外に出てみるとすでに近所の方たちが集まり、通りすがりのヘルパーさん?とともに自宅に上げようとされていました。この方は独居。このまま自宅に上げてしまう
『近所の声掛け・見守り』の画像

先日、研修会にて大学時代の教授と再会いたしました。柳田正明先生。オレンジ色のシャツがトレードマークの素敵な先生です。「強度行動障害」と「ABC分析」に関するご講義を拝聴しました。大学では、障害者福祉や人権についてのご講義の他、相談援助実習時にもご指導をいただ
『再会 ‐きっかけは品川福祉カレッジ‐』の画像

【品の輪とは】品川区を主とした地域の実情に合わせた活動をすべく、品川区内のリハビリテーション専門職の相互連携の強化や情報共有を推し進め、広く品川区区民の皆様に対して、リハビリテーションの継発・推進・教育並びにその支援、リハビリテーション等に携わる人材の交
『品の輪OT主催勉強会 3Dプリンタ活用法』の画像

品川区を6地区に分けた場合、当院がかかわる患者さんが多いのは、荏原西地区と荏原東地区になります。荏原西地区(人口50,995人、高齢化率 21.4%)荏原東地区(人口 89,362人、高齢化率 23.5%)には、高齢者が約32,000人住んでおり、在宅介護支援センターが8つあります。(第
『品川区 地区ケア会議と地域ケアブロック会議』の画像

「RUN伴しながわ」のあと、中延在宅介護支援センターで行われた、認知症サポーター養成講座に受講者として出席してきました。受講者の方々は、地域の方がほとんどで、ご自分の親御さんが認知症で、対応に苦慮されていたり、地域の中で役に立ちたいという思いを持った方だった
『認知症サポーター養成講座 2019』の画像

RUN伴は、認知症の人や、家族、支援者、一般の人がリレーをしながら一つのタスキをつなぎ、ゴールを目指すイベントです。みんな同じオレンジ色のTシャツを着て北海道から始まって、沖縄までタスキを繋ぎます。「認知症の人と一緒に、誰もが暮らしやすい地域を創る」タスキを
『「RUN伴しながわ」走ってきました』の画像

すけっと品川養成講座とは?ちょっとした困りごとのある方を支援する地域の「すけっと」を育む講座です(広報しながわ2019年10月1日号より) 2015年度より、品川区からの委託事業として品川区社会福祉協議会が実施している事業とのことです。品川介護福祉専門学校を会場として
『「すけっと品川養成講座」2019』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、改変、加工した場合には、この作品と同じCCライセンスの下に頒布を認めます。