クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

地域リハビリテーション

リハビリテーション科専門医は、家庭生活・社会生活へのアプローチやリハビリテーションマネジメントができるので、地域包括ケアシステムにおいて重要な役割が担えると思います。全国には、地域の中で本当に立派な仕事をされているリハビリテーション科医の方々がいらっしゃ
『なぜ リハビリテーション医療を知っている医師が少ないのか?』の画像

「フレイル対策シリーズ」の第3弾で「呼吸器系と健康長寿・フレイル対策」という書籍の分担執筆を担当し、今月発刊されました。慢性呼吸器疾患による負のスパイラルをどう抑止するか「健康長寿・フレイル対策」が解説されています。超高齢社会を迎えた本邦では、要介護に至る
『呼吸器系と健康長寿・フレイル対策』の画像

前回の「主体性回復モデル第0, 1段階」に続き、障害のある人が長期的にその人らしい生活を構築していくための「主体性」「主体性回復の5段階」について記載したいと思います。脳損傷(脳卒中、脳外傷)による中途障害者を想定したモデルです。第0段階「できない事を認識できて
『障害のある人の「主体性回復モデル」 第2~4段階』の画像

障害のある人が長期的にその人らしい生活を構築していくための「主体性」.障害のある人の主体性の段階を理解して、特徴を捉え、共有できれば、周囲の人の適切な支援にもつながり、非常に有用ではないかと考えています。そこで現在は、「適切なアプローチにつながる」という視
『障害のある人の「主体性回復モデル」 第0、1段階』の画像

品川区の医療介護福祉などの専門職による「医療と介護連携地域ケアブロック会議」が4か所の総合病院を軸としたブロックごとに 今年度から始まりました。目的は、在宅療養に関する地域特有の問題を抽出・分析し、具体的な解決策を提案・決定ができる場を設置し、区の在宅療養
『医療と介護連携地域ケアブロック会議 2019年度』の画像

「フライングディスク」とは、円盤(ディスク)を回転させて投げて遊ぶ運動で、負荷が少なく運動ができ、呼吸器疾患の患者さんの呼吸リハビリテーションの一環のとしての運動、競技として、今、全国で注目されています。 フライングディスクのメリットは、自分のペースで呼吸
『COPD患者さんの「フライングディスク大会」』の画像

第3回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会で、日本生活期リハビリテーション医学会との合同シンポジウム「生活期リハビリテーション医療における リハビリテーション科医の活躍」で「生活の活動に影響を与える疾患の管理」の発表をしてきました。生活の場でみるポイン
『「生活の活動に影響を与える疾患の管理」日本リハ医学会』の画像

人にとって「電車」に乗ることは、活動の幅を広げる身近な手段の一つです。リハビリテーションの目標を設定するのにあたり、特に働き盛りの方の場合には「職場まで○○分、電車で立っていられようになりたい」と、生活をしていくにあたり切実な目標をたてる方もいます。満員
『電車での立ち方』の画像

【品の輪とは】品川区を主とした地域の実情に合わせた活動をすべく、品川区内のリハビリテーション専門職の相互連携の強化や情報共有を推し進め、広く品川区区民の皆様に対して、リハビリテーションの継発・推進・教育並びにその支援、リハビリテーション等に携わる人材の交
『品の輪OT主催勉強会 3Dプリンタ活用法』の画像

訪問リハビリテーションは自転車でお宅を回っています。自転車は小回りがきくので、車で行くと遠回りになるところも短い距離で移動することができ、交通渋滞があったとしても大きな影響を受けずに行くことができます。 それだけでなく、自転車での訪問にはいくつかのメリッ
『私たちを支えてくれる頼もしい「青緑の相棒」』の画像

3日間、訪問リハビリテーション管理者養成研修会STEP1を受講してきました。密度の濃い、学びの多い研修会でした。研修会の中で、私にとって一番印象的な言葉が、逢坂伸子先生の「退院直後は在宅急性期です。その時にリハビリテーションのバトンはスムーズに渡っていますか?
『退院直後は在宅急性期!!』の画像

より生活に向けた場所でリハビリテーションとして関わりたいと思い、4月よ​り作業療法士として入職し、半年が経ちました。やっと慣れてきた​頃ですが、まだまだ知らないことも多く、色々とフォローして頂き​ながら働いています。2018年5月に、日本作業療法士協会の定める
『そのひとにとって大切なことは?』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、改変、加工した場合には、この作品と同じCCライセンスの下に頒布を認めます。