クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

地域包括ケアシステム

臨床研修医が毎年、年間4~8名、当院へ1か月間の研修に来ます。 「地域医療研修」に来る医師 「リハビリテーション科研修」に来る医師 どちらにも対応しています。   また、日本リハビリテーション医学会の「認定研修施設」になっており、リハビリテーション科専攻医が
『臨床研修医の地域医療研修 リハビリテーション科 2020年7月』の画像

地域でニーズの多い「生活を支える」ことは、リハビリテーション科有床診療所の仕事の中心です。 地域に足りないものを常に考え、それを提供する。すべてに必要とされるクリニックでありたいと考えています。脳卒中などのひとつの大きな病気が原因で機能低下が起きる「疾患
『リハビリテーション科有床診療所の地域包括ケアでの役割』の画像

私たちの「地域包括連携部」には 看護師・社会福祉士・介護福祉士が所属しており、 訪問診療や外来の診療補助・療養支援、入退院支援に携わっています。 地域のかかりつけ医の先生方や近隣の病院からのご紹介、逆紹介においては、 病診連携・病病連携の窓口となり、前方
『多職種で地域包括連携部の仕事 生活をフォロー』の画像

私の祖父は認知症です。母の介護と介護保険サービスを受けながら在宅生活をしています。時に物がないと探し回り、跡には散らかった部屋…気づけばびっくりするような場所に便がついていたり、“さっき言った”ことは当然のように忘れている。「認知症だから」と、頭では割り
『我が家の認知症事情 ‐当院がお手伝いできること‐』の画像

臨床研修医が毎年、年間4~8名、当院へ1か月間の研修に来ます。 「地域医療研修」に来る医師 「リハビリテーション科研修」に来る医師 どちらにも対応しています。   また、当院は日本リハビリテーション医学会「認定研修施設」になっており、現在1名のリハビリテーシ
『リハビリテーション科の地域医療 研修医 2020年8月』の画像

あおい會 法人理念 ~理念成り立ち編~に続き、自己実現論から当法人理念を掘り下げてみようと思います。下は当法人理念です。以下の図は、自己実現理論(心理学者アブラハム・マズロー)の欲求5段階説図に註釈をいれています。 (6段階自己超越もありますが省略してい
『あおい會 法人理念 〜自己実現編〜』の画像

当院は19床の入院設備があり、急性期や回復期を終えた方や、自宅での生活が立ち行かなくなってしまった方などが入院され目的を持ったリハビリテーションをしています。また、当院を退院される際にはご自宅に帰る方のほか、施設に入る方もいらっしゃいます。ご自宅に帰った場
『地域連携:リハビリテーションサマリーの活かし方 』の画像

リハビリテーション専門職である私たちは、人生の再出発を支える仕事もしています。入院中の人であれば、病気やケガによる障害を、自宅や、これから生活する場所で落ち着いて暮らせる状態になるまで克服して退院すること退院した人は、その人の望む生活に向かうことを目指し
『障害がある人の望む生活へのリハビリテーション「元気な暮らし」を選択する』の画像

医療保険や介護保険で提供するリハビリテーションには、当然ながら「目標」と「期間」の設定が必要です。しかし、病院から在宅に帰ってきた当初は、厳密に 具体的に「目標」と「期間」を決められないこともしばしばあります。なぜなら、退院直後は日常生活が確立しておらず
『生活期(在宅)リハビリテーション 目標と期間の設定 困難度と重要度』の画像

有床診療所である当院の特徴のひとつ、「入院前と 退院後の看護」についてお伝えさせていただきます。「入院中の看護」の続きです。入院前と退院後… それは他院の看護師や訪問看護師がする事なのでは…?いいえ、これが本当の意味でのプライマリーナースだと考えます。 
『本当の意味のプライマリーナース 生活を再構築する有床診療所の看護』の画像

当院のリハビリテーションは4種類あります。「どのような考え方でそれぞれの適応を考えているのか?」についてお話します。今回は「訪問リハビリテーション」についてです。リハビリテーション医療は、「機能の回復を図る」「障害を克服する」というだけでなく、「活動を育む
『リハビリテーション適応 訪問リハビリテーション』の画像

これは当法人の理念です。法人は、昭和21年開設「森山医院」と、平成25年開設「森山リハビリテーションクリニック」有床診療所(19床)の2施設からなる診療所です。戦後間もなく開設した森山医院を現理事長の森山直哉が継承後約30年となり、昭和から平成、新年号を迎える時
『あおい會 法人理念〜理念成り立ち編〜』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、改変、加工した場合には、この作品と同じCCライセンスの下に頒布を認めます。