リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

地域連携

RUN伴は、認知症の人や、家族、支援者、一般の人がリレーをしながら一つのタスキをつなぎ、ゴールを目指すイベントです。みんな同じオレンジ色のTシャツを着て北海道から始まって、沖縄までタスキを繋ぎます。「認知症の人と一緒に、誰もが暮らしやすい地域を創る」タスキを
『「RUN伴しながわ」走ってきました』の画像

9/25(水)に「大田区・品川区ソーシャルワーカー会」が、東邦大学医療センター大森病院で開催されました。(以下、SW=ソーシャルワーカー)この会は、大田区のSWの方々が有志で始められた会です。現在は品川区も含め、40施設前後の医療機関等が参加されています。今回は令和第1
『大田区・品川区ソーシャルワーカー会に参加しました』の画像

先日、地区ケア会議に初めて参加しました。地区ケア会議は、地域に暮らす方々の暮らしを支える職種が集まり、実際に関わりのある在宅療養者に、より良い関わりが出来るよう多角的な視点で意見を出し合う場です。出席者が順番に自己紹介をした後、1つの実例に基づき、話し合い
『地区ケア会議 管理栄養士として』の画像

在宅医療では、地域の連携体制を構築することが大事!と言われています。2019年9月1日読売新聞1~2面「地球を読む」の「在宅医療 高齢患者と家族に安心感」でも、「医師会と自治体の緊密な連携は必須」「多くの職種がそれぞれの地域で連携を深める必要がある」などの指摘が
『地域連携で必要な「守備範囲の把握」』の画像

令和元年度から新設された「医療と介護連携地域ケアブロック会議」のブロックリーダーになりました。品川区のホームページでは以下のように「医療と介護連携地域ケアブロック会議」が説明されています。区内4カ所の総合病院を軸としたブロックごとに、地域の医療・介護・福祉
『品川区 医療と介護連携地域ケアブロック会議』の画像

7/19(金)・7/20(土)の2日間にわたり、「第21回日本医療マネジメント学会学術総会」が、名古屋国際会議場にて開催されました。今回のメインテーマは、「私たちの働き方改革~良質で成熟した日本の医療を目指して~」です。私は主に、「入退院支援」「地域連携」「アドバンスケ
『日本医療マネジメント学会に参加しました 繋ぐソーシャルワーカー』の画像

「地域包括ケアシステム」は、地域の包括的な支援・サービス提供体制です。重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステム。市町村や都道
『リハビリテーション医療は地域包括ケアにおいて強い力を発揮する』の画像

当クリニックでの受付事務の業務を通して私たちの心掛けていることをお伝えします。受付事務の業務には電話対応があります。通常、病院では外部からの電話を各科の外来や各部署へ繋ぐ交換手という役割の方が配属されています。有床診療所の当クリニックでは受付事務が外部か
『受付事務部から安心を繋げたい』の画像

品川区軽度認知症支援プログラム作成委員会・検討委員会において、通所介護事業所(以下デイサービス)向けのプログラムの作成から実施・普及にいたるお手伝いを、2018年6月よりさせていただいています。先日、品川区高齢福祉課認知症対策係主催の、プログラムについての事業
『品川区軽度認知症高齢者支援プログラム事業へのかかわりを通して』の画像

この度、地域包括連携部は新たに『看護師』と『介護福祉士』を迎え、新体制となりました。これまでは、主に医療ソーシャルワーカーが入退院支援業務に携わってきた部門です。当初より入院、外来、在宅と切れ目のないサービスの提供を目指しておりますが、新体制では「訪問診
『地域包括連携部が新体制になりました! ~スタッフ自己紹介~』の画像

通所リハビリテーションのリハビリテーション会議に多くのケアマネージャーさんが、お忙しい時間を割いて参加して下さっています。会議までの待ち時間がある場合には、担当されている利用者さんの様子を見ながら、利用者さんと一緒になって、同じ運動をしてくださるケアマネ
『通所リハビリテーション ケアマネージャーさんとの連携』の画像

荏原医師会病院連絡会が開催され、森山リハビリテーションクリニックの特徴について発表してきました。荏原医師会の地域包括ケアシステムの構築に向けた取り組みの一環として、病院と診療所の連携をよりスムーズなものにするための病院連絡会です。荏原医師会会員と会所属の
『荏原医師会病院連絡会 顔の見える連携』の画像

↑このページのトップヘ