リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

多職種協働

私が医療事務員として森山リハビリテーションクリニックに勤め始めたのが2013年11月から。それまでは総合病院で派遣社員として勤務していました。私が勤めていた総合病院では、15~18名ほどの医療事務員がいて、入院窓口・会計窓口・外来窓口・予約窓口・電話対応・文書窓口
『有床診療所と総合病院の医療事務の違い』の画像

先日、地区ケア会議に初めて参加しました。地区ケア会議は、地域に暮らす方々の暮らしを支える職種が集まり、実際に関わりのある在宅療養者に、より良い関わりが出来るよう多角的な視点で意見を出し合う場です。出席者が順番に自己紹介をした後、1つの実例に基づき、話し合い
『地区ケア会議 管理栄養士として』の画像

在宅医療では、地域の連携体制を構築することが大事!と言われています。2019年9月1日読売新聞1~2面「地球を読む」の「在宅医療 高齢患者と家族に安心感」でも、「医師会と自治体の緊密な連携は必須」「多くの職種がそれぞれの地域で連携を深める必要がある」などの指摘が
『地域連携で必要な「守備範囲の把握」』の画像

介護の仕事をやろうと思った「これ」といった大きなきっかけはありません。最初はこの仕事に興味があったわけでもなく、なんとなく始めていました。もちろん最初は何にも知らずに、一つ一つ先輩たちのやり方を見ながら必死に覚えて、何とか身に付けるように頑張ってきました
『素敵な介護士になろう』の画像

「地域包括ケアシステム」は、地域の包括的な支援・サービス提供体制です。重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステム。市町村や都道
『リハビリテーション医療は地域包括ケアにおいて強い力を発揮する』の画像

森山リハビリテーションクリニックへ転職し、病棟看護師として働いています。今までの病院では急性期の看護が中心でした。その中で、いつも心にあったのは、「時間をかけて患者さんと関わりたい」という気持ちでした。 ここでは、他職種との距離が近いため、情報交換がしや
『有床診療所の病棟看護師へ転職して感じること』の画像

リハビリテーション科の有床診療所は、地域でニーズ多い「生活を支える」能力が高いので、需要が非常に多いです。 地域に足りないものを常に考え、それを提供する。すべてに必要とされるクリニックでありたいと考えています。どこに言ったらよいかわからない悩みや困難を抱
『リハビリテーション科有床診療所の地域包括ケアでの役割』の画像

品川区軽度認知症支援プログラム作成委員会・検討委員会において、通所介護事業所(以下デイサービス)向けのプログラムの作成から実施・普及にいたるお手伝いを、2018年6月よりさせていただいています。先日、品川区高齢福祉課認知症対策係主催の、プログラムについての事業
『品川区軽度認知症高齢者支援プログラム事業へのかかわりを通して』の画像

この度、地域包括連携部は新たに『看護師』と『介護福祉士』を迎え、新体制となりました。これまでは、主に医療ソーシャルワーカーが入退院支援業務に携わってきた部門です。当初より入院、外来、在宅と切れ目のないサービスの提供を目指しておりますが、新体制では「訪問診
『地域包括連携部が新体制になりました! ~スタッフ自己紹介~』の画像

田園調布学園中等部3年生の生徒さんに向けて、「医師の仕事」について講義する機会をいただきました。この学校では、教養を育むための「土曜プログラム」という講座があり、学年ごとにコアプログラムの年間テーマが設けられ、中等部3年生のテーマは「キャリアデザイン(職業
『中学3年生へ「医師の仕事」を講義して、自分が学んだこと』の画像

中学生の職場訪問として、今年も田園調布学園中等部3年生の生徒さんが4名見学に来てくれました。当院の医師、看護師、理学療法士、言語聴覚士が中心になって対応し、ソーシャルワーカーなどのスタッフも適宜対応しました。それぞれ、各部署や専門職の仕事について説明し、患
『中学校3年生の職場訪問 2019』の画像

中途障害者の長期の回復に「本人の主体性が大事である」と気づいている現場の方は多いのではないでしょうか。主体性について研究中しており、2018年、2019年以下の論文を発表しました。「障害のある在宅脳損傷患者の長期的な回復につながる主体性の概念」対人援助学研究2018
『障害のある人が良くなっていくための主体性 病院から地域へ帰ってきたとき』の画像

↑このページのトップヘ