クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

学会

椅子に座る動作の練習をするときに、尻もちをつくように座り込む人、後方にバランスを崩してしまう人がいます。 ゆっくりバランスを保ちながら座るには、体の重心を、左右の足底で囲まれる部分(立っているときの支持基底面)の中からはみ出さないようにしゃがみ込む必要があ
『感覚に働きかけるヒトとモノ』の画像

対人援助学会第11回大会が立命館大学大阪いばらきキャンパスでおこなわれ、企画ワークショップ(WS)で発表・ファシリテートしてきました。WSのタイトルは「中途障害者の生活期で回復につながる主体性の段階評価は、障害をみている現場にとっていかに役立つのか?」でした。(対
『対人援助学会第11回大会 主体性ワークショップ』の画像

第3回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会で、日本生活期リハビリテーション医学会との合同シンポジウム「生活期リハビリテーション医療における リハビリテーション科医の活躍」で「生活の活動に影響を与える疾患の管理」の発表をしてきました。生活の場でみるポイン
『「生活の活動に影響を与える疾患の管理」日本リハ医学会』の画像

7/19(金)・7/20(土)の2日間にわたり、「第21回日本医療マネジメント学会学術総会」が、名古屋国際会議場にて開催されました。今回のメインテーマは、「私たちの働き方改革~良質で成熟した日本の医療を目指して~」です。私は主に、「入退院支援」「地域連携」「アドバンスケ
『日本医療マネジメント学会に参加しました 繋ぐソーシャルワーカー』の画像

先日、日本リハビリテーション医学会学術集会にて昭和大学大学院博士前期課程で研究した内容を発表して参りました。私が発表したセッションは関連専門職のポスター発表でした。私の研究はサルコペニアに関する内容で、骨関節・軟部組織疾患のセッションで発表させていただき
『第56回日本リハビリテーション医学会学術集会での発表を通して』の画像

先日、第56回日本リハビリテーション医学会学術集会に参加して参りました。諸先生方のお話を聞き、一番心に響いたことは「回復期、生活期のリハビリで療法士がやるべきことは何か」ということです。「リハビリテーション科医は生活期のリハビリテーション医療にどのようにか
『生活期リハビリテーションにおける機能訓練と動作訓練』の画像

私は今回、神戸コンベンションセンターで第56回日本リハビリテーション医学会学術集会(JARM 2019)と第13回国際リハビリテーション医学会世界会議(ISPRM 2019)の合同セッションとしておこなわれた”English Session”の座長を務めました。留学経験もない私が、国際学会におい
『第56回日本リハビリテーション医学会学術集会  ”English Session”の座長』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、改変、加工した場合には、この作品と同じCCライセンスの下に頒布を認めます。