クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

理学療法士

椅子に座る動作の練習をするときに、尻もちをつくように座り込む人、後方にバランスを崩してしまう人がいます。 ゆっくりバランスを保ちながら座るには、体の重心を、左右の足底で囲まれる部分(立っているときの支持基底面)の中からはみ出さないようにしゃがみ込む必要があ
『感覚に働きかけるヒトとモノ』の画像

訪問リハビリテーションの利用者さんで、自費でCYBERDYNE社のHAL®を使って歩行練習をされている方(Sさん)がおられます。Sさんは、約10年前に、頚髄損傷(C3-C5)による四肢麻痺を受傷された方です。以前から「筑波のHAL®に行ってるんだよ」とお話をされており、訪問リハビ
『とある休日、、ドライブデートに同行!?』の画像

先日、公益社団法人東京都理学療法士協会品川支部事業として、一般公開講座を開催致しました。2020年2月8日(土)会場:NTT東日本関東病院テーマ:最後まで自分らしく生きるために   〜「私の生き方連絡ノート」ではじめる人生会議〜講師:渡辺敏恵先生    自分らし
『最後まで自分らしく生きるために〜公開講座報告〜』の画像

今年は東京オリンピックの年です。私は学生時代柔道部だったため、よく柔道の試合をみます。綺麗な一本などを見ると家族と一緒に見ていてもひとりで興奮してしまいます。相手を投げるために、必要なこととして、柔道には「作り」と「掛け」という過程があります。「作り」は
『元柔道部の理学療法士として 』の画像

今年、いよいよ東京でオリンピック・パラリンピックが開催されます。理学療法士の私としては、特にパラリンピックが楽しみでなりません。まだまだ多くの方にとって障害者スポーツやその最高峰であるパラリンピックは馴染みがないかもしれません。そこで、今回は少しパラリン

私は、プロ野球を見るのが大好きなのですが、祖父の時代から○○球団の英才教育を受け、私の初めての寝言は「○○○○ガンバレ〜!」だったと刷り込まれ、また祖父には「この子は○○球団の申し子や〜!」と期待されて、しかし残念にも男子ではなかったため、野球を見る事が
『球のキレってなに?』の画像

入院患者さんが自宅退院を想定する際、理学療法士として一番の課題は自宅内の移動手段をどのようにするかということが多いです。歩行であるならば杖なし歩行、杖歩行、伝い歩きなど家屋環境によっても手段は様々です。車椅子移動を基準とした在宅生活を検討した場合、日本の
『家屋環境と車椅子 廊下の幅は何cm?』の画像

先日、福祉住環境コーディネーターの2級試験を受けて参りました。結果は無事に合格できました。 この福祉住環境コーディネーターとは「高齢者や障害者に対し、できるだけ自立しいきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザー」です。福祉住環境コーディネーターは医療・
『福祉住環境コーディネーター』の画像

先日、野球選手における肩肘傷害予防についての勉強会に参加する​機会を得ました。講師が、米国マイナーリーグでアスレチックトレーナーとして現役​で活動している方だったこともあり、私自身、積極的にスポーツの​現場に携わっているわけではありませんが、元々スポーツ
『野球の肩肘傷害予防の勉強会に参加して』の画像

皆さん、フレイルという言葉を聞いたことはありますか?フレイルは予防が重要と考えられ、知っていれば防げる面があると考えます。 高齢者は健康な状態から突然、要介護状態に移行することは脳卒中などのケースでみられますが、今後人口増加が見込まれる後期高齢者(75歳以
『予防が大事 フレイルとサルコペニアの関係性』の画像

人にとって「電車」に乗ることは、活動の幅を広げる身近な手段の一つです。リハビリテーションの目標を設定するのにあたり、特に働き盛りの方の場合には「職場まで○○分、電車で立っていられようになりたい」と、生活をしていくにあたり切実な目標をたてる方もいます。満員
『電車での立ち方』の画像

訪問リハビリテーションは自転車でお宅を回っています。自転車は小回りがきくので、車で行くと遠回りになるところも短い距離で移動することができ、交通渋滞があったとしても大きな影響を受けずに行くことができます。 それだけでなく、自転車での訪問にはいくつかのメリッ
『私たちを支えてくれる頼もしい「青緑の相棒」』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、改変、加工した場合には、この作品と同じCCライセンスの下に頒布を認めます。