クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

生活期リハビリテーション

人にとって「電車」に乗ることは、活動の幅を広げる身近な手段の一つです。リハビリテーションの目標を設定する際、特に働き盛りの方の場合には「職場まで○○分、 電車で立っていられるようになりたい」と、生活をしていく上での切実な目標を立てる方もいます。混雑してい
『電車内での立ち方』の画像

PICS (Post-IntensiveCare Syndrome)は近年の救急・集中治療領域のホットトピックスの1つです。PICSの定義は「重症病態後に起こり、その後も持続する 身体機能、認知機能、 メンタルヘルスの障害であり、 それが新規に出現する、 もしくは 病前の状態より悪化を認める
『PICS (Post-Intensive Care Syndrome)を生活期リハビリテーション目線でみると』の画像

脳卒中や脊髄損傷などで麻痺などの機能障害が残存した場合、患者さんと医療者の障害に対する見解の相違(ギャップ)がみられることをよく経験します。 機能障害や活動制限が残存した患者さんは、「病気をする前の自分」を基準にして「今の自分」を比較します。このため、回復
『障害のある人とのかかわり方 医療従事者との心理のギャップ』の画像

訪問の言語聴覚療法というと、最近は嚥下に関わることが多いのですが、失語症の方の訪問リハビリテーションも担当させていただいています。中には発症から何年か経過されている方もいらっしゃいます。長い経過の中で、その方なりのコミュニケーション方法を編み出しているこ
『「ユーチューバーになりたい」失語症のある方』の画像

私は患者さんのリハビリテーションを行うにあたり、「いつもと何かが違う」違和感を大切にしたいと考えています。例えば、息づかい、会話するときの視線、体を支えた時の重み、履いている靴、動作のやり方など、列挙したらキリがないのですが、「いつもと何かが違う?」と感
『リハビリテーションで大事なこと「いつもと何かが違う」違和感』の画像

当院は19床の入院設備があり、急性期や回復期を終えた方や、自宅での生活が立ち行かなくなってしまった方などが入院され目的を持ったリハビリテーションをしています。また、当院を退院される際にはご自宅に帰る方のほか、施設に入る方もいらっしゃいます。ご自宅に帰った場
『地域連携:リハビリテーションサマリーの活かし方 』の画像

リハビリテーション専門職である私たちは、人生の再出発を支える仕事もしています。入院中の人であれば、病気やケガによる障害を、自宅や、これから生活する場所で落ち着いて暮らせる状態になるまで克服して退院すること退院した人は、その人の望む生活に向かうことを目指し
『障害がある人の望む生活へのリハビリテーション「元気な暮らし」を選択する』の画像

「訪問リハビリテーションは どうなったら終わりになるのか?」訪問リハビリテーションや通所リハビリテーションは、入院リハビリテーションのように退院という節目や外来リハビリテーションのように期限が決められていないため、長期間関わりを続けていることが多く見受け
『訪問リハビリテーションの修了 主体的な行動へ』の画像

医療保険や介護保険で提供するリハビリテーションには、当然ながら「目標」と「期間」の設定が必要です。しかし、病院から在宅に帰ってきた当初は、厳密に 具体的に「目標」と「期間」を決められないこともしばしばあります。なぜなら、退院直後は日常生活が確立しておらず
『生活期(在宅)リハビリテーション 目標と期間の設定 困難度と重要度』の画像

「病気をした当初は 自分が間違ったことを言っている とは思っていなかった」「2・3年前は 自分の言い間違いに気づき始めたが、 それを人には隠していた」「最近(発症後4年)は、 自分が間違った事を言うことがある。 だから 『間違ったことを言ってしまう事があるよ』
『生活期リハビリテーション 言語療法』の画像

有床診療所である当院の特徴のひとつ、「入院前と 退院後の看護」についてお伝えさせていただきます。「入院中の看護」の続きです。入院前と退院後… それは他院の看護師や訪問看護師がする事なのでは…?いいえ、これが本当の意味でのプライマリーナースだと考えます。 
『本当の意味のプライマリーナース 生活を再構築する有床診療所の看護』の画像

Monthly Book Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション)250号 2020年7月増刊号「回復期で知っておきたい!ここが分かれ道!!  症状から引く検査値と画像」が発刊されました。 基本的な問診、診察、検査のみで病状を的確に判断しなければならない医療場面で
『問診、診察、基本的な検査で病状を的確に判断する』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、改変、加工した場合には、この作品と同じCCライセンスの下に頒布を認めます。