リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

看護師

病院、無床クリニック、老人保健施設での勤務経験はありましたが、有床クリニックでの勤務は初めてです。看護師になりたてのころは、整形外科病棟で勤務し、手術後の患者さんとは退院するまで毎日リハビリテーションに励んでいたのを思い出しました。リハビリテーション科で
『多岐にわたる病気』の画像

1年間の育児休暇をいただき、今年4月に外来看護師として復帰しました。育児休暇中の1年間は、初めての育児に戸惑う事も多く、日に日に成長していく娘に母親として追い付くのに精一杯の毎日でした。復帰にあたり当初不安もありましたが、1年ぶりに外来で会う患者さんの中には
『1年間の育児休暇から学んだこと』の画像

朝晩だいぶ涼しくはなりましたが、まだ残暑が厳しい時期です今年の夏はいかが過ごされたでしょうかスタッフがベストのパフォーマンスができるような環境を整える事が、管理の仕事の一つだと考えています職場の環境を整える事も一つですが、プライベートの時間がしっかりと取
『最大限の力を引き出せるような環境』の画像

リハビリテーション科有床診療所に入院中の患者さんには、「リハビリテーションをするために入院をしている」という考えを持っている方が多くいらっしゃいます。その考えは全く誤りではありません。しかしそれは、1日の中で決まった時間だけリハビリテーションをすれば、それ
『リハビリテーション以外の時間を楽しむこと』の画像

森山医院の看護師です。今年の4月に入職しました。森山医院に勤める前は、小児科クリニックに5年間勤務していました。主に小児の患者さんに接していました。診療の介助のほか、予防接種や健診を行っていました。小児科クリニックでは、注射など嫌なことも、子どもたちが少し
『小児科から転職して』の画像

当院で提供しているリハビリテーションは4種類あります。どのような考え方で、それぞれの適応を考えているのかについてお話します。「外来リハビリテーション」「訪問リハビリテーション」に続き今回は「入院リハビリテーション」についてです。リハビリテーション医療は、機
『リハビリテーション適応 入院リハビリテーション』の画像

私はこの一年、外来業務を軸とし、訪問診療の同行、通所リハビリテーション、病棟とさまざまな業務内容を経験させていただきました。 現在は午前中通所リハビリテーションに配置、午後は外来に配置し業務を行っています。クリニック勤務が始めての私にとってはどれもこれも
『リハビリテーションの役割と看護の役割 「生活過程を整える」』の画像

森山リハビリテーションクリニックへ転職し、病棟看護師として働いています。今までの病院では急性期の看護が中心でした。その中で、いつも心にあったのは、「時間をかけて患者さんと関わりたい」という気持ちでした。 ここでは、他職種との距離が近いため、情報交換がしや
『有床診療所の病棟看護師へ転職して感じること』の画像

森山医院の看護師です。今回は、当院の診療、業務内容、役割分担についてお話します。森山医院では、内科と整形外科(専門医)の診療をしています。他に、各種検診も行っています。診察は予約制ではありませんが、健診の胃カメラ、エコー検査は、月・金・土午前中の予約制に
『森山医院ってどんなところ?』の画像

リハビリテーション科の有床診療所は、地域でニーズ多い「生活を支える」能力が高いので、需要が非常に多いです。 地域に足りないものを常に考え、それを提供する。すべてに必要とされるクリニックでありたいと考えています。どこに言ったらよいかわからない悩みや困難を抱
『リハビリテーション科有床診療所の地域包括ケアでの役割』の画像

当院の特徴のひとつ、「入院前の看護」と「退院後の看護」についてお伝えさせていただきます。「入院中の看護」を中心とした話の続きです。入院前と退院後… それは他院の看護師や訪問看護師がする事なのでは…?いいえ、これが本当の意味でのプライマリーナースだと考えま
『生活を再構築する有床診療所の看護 本当の意味のプライマリーナース』の画像

病棟では日曜日の午後レクリエーションを行っています。内容は、ラジオ体操をメインに、その日担当しているスタッフによりさまざまに工夫しています。患者さんの参加は自由です。「病棟レクレーション?何をしよう。何をしたら楽しんでいただけるかな?」と、これまでレクレ
『日曜日の病棟レクレーション』の画像

↑このページのトップヘ