クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

研修・見学

リハビリテーション科専門医は、家庭生活・社会生活へのアプローチやリハビリテーションマネジメントができるので、地域包括ケアシステムにおいて重要な役割が担えると思います。全国には、地域の中で本当に立派な仕事をされているリハビリテーション科医の方々がいらっしゃ
『なぜ リハビリテーション医療を知っている医師が少ないのか?』の画像

1月17日から19日まで大阪で開催された「訪問リハビリテーション管理者養成研修会STEP3」を受講してきました。STEP1から始まった研修も今回で一区切りとなります。今回は修了試験もあり、ドキドキでしたが、無事修了することができました。せっかく大阪に行ったので、朝少し早
『スタッフ間コミュニケーションについて考える』の画像

先日お休みをいただき、インドのチェンナイという都市へ旅行に行って​きました。よく「インドに行くと人生観が変わる」などと言いますが、たった​数日の旅行の中でも沢山のカルチャーショックを受けました。今日はその中から1つ、「道路事情とその歩き方」についてお話し
『インド人は頭がいい?!インドの街の道路事情』の画像

先日、福祉住環境コーディネーターの2級試験を受けて参りました。結果は無事に合格できました。 この福祉住環境コーディネーターとは「高齢者や障害者に対し、できるだけ自立しいきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザー」です。福祉住環境コーディネーターは医療・
『福祉住環境コーディネーター』の画像

先日、野球選手における肩肘傷害予防についての勉強会に参加する​機会を得ました。講師が、米国マイナーリーグでアスレチックトレーナーとして現役​で活動している方だったこともあり、私自身、積極的にスポーツの​現場に携わっているわけではありませんが、元々スポーツ
『野球の肩肘傷害予防の勉強会に参加して』の画像

2019/11/11(月)、11/18(月)と2回に渡り、「自衛消防検定」のための防災訓練・研修が行われました。今回は、地震後の火災を想定しての訓練です。 プログラムの内容は以下の通りです。 ①自身の安全確保②周囲の破損・安全確認③火災場所の確認、連絡手段、初期消化④初
『「自衛消防検定」に合格しました!!』の画像

11月22日から24日まで、大阪で開催された「訪問リハビリテーション管理者養成研修会STEP2」を受講してきました。全国から160名近い療法士が集まり、その熱気と熱量を肌で感じて大いに学んで帰ってきました。そこでは、法令順守、組織づくりなどについて、グループワークで課
『スタッフが主体的に働く職場とは?』の画像

先日、研修会にて大学時代の教授と再会いたしました。柳田正明先生。オレンジ色のシャツがトレードマークの素敵な先生です。「強度行動障害」と「ABC分析」に関するご講義を拝聴しました。大学では、障害者福祉や人権についてのご講義の他、相談援助実習時にもご指導をいただ
『再会 ‐きっかけは品川福祉カレッジ‐』の画像

【品の輪とは】品川区を主とした地域の実情に合わせた活動をすべく、品川区内のリハビリテーション専門職の相互連携の強化や情報共有を推し進め、広く品川区区民の皆様に対して、リハビリテーションの継発・推進・教育並びにその支援、リハビリテーション等に携わる人材の交
『品の輪OT主催勉強会 3Dプリンタ活用法』の画像

当院での消防訓練が今年も行われました。私は入職してから初めての消防訓練でしたが、当院では毎年消防署の監督の元消防訓練を行っております。非常事態を想定して、1階~4階まで各階において各々持ち場につき必要な対応をおこなっていました。私たちリハビリテーション部は
『消防訓練2019秋』の画像

「RUN伴しながわ」のあと、中延在宅介護支援センターで行われた、認知症サポーター養成講座に受講者として出席してきました。受講者の方々は、地域の方がほとんどで、ご自分の親御さんが認知症で、対応に苦慮されていたり、地域の中で役に立ちたいという思いを持った方だった
『認知症サポーター養成講座 2019』の画像

3日間、訪問リハビリテーション管理者養成研修会STEP1を受講してきました。密度の濃い、学びの多い研修会でした。研修会の中で、私にとって一番印象的な言葉が、逢坂伸子先生の「退院直後は在宅急性期です。その時にリハビリテーションのバトンはスムーズに渡っていますか?
『退院直後は在宅急性期!!』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、改変、加工した場合には、この作品と同じCCライセンスの下に頒布を認めます。