クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

脳卒中

「総合リハビリテーション」2020年1月号の実践講座「脳損傷の在宅リハビリテーション」という連載の中、「片麻痺:歩行能力の向上」を担当しました。「急性期・回復期」と「在宅(生活期)」のリハビリテーションの違いについて意識しながら書いています。急性期・回復期リハビ
『「脳損傷の在宅リハビリテーション」片麻痺:歩行能力の向上』の画像

脳損傷後長期間経ったときに、陥りやすい問題として、「リハビリテーションの目的化」「活動・参加につながらない機能練習」などがあります。より良い生活の再構築に手を付けずに、機能練習に長期間固執してしまうケースです。身体機能回復を図るのはもちろん重要ですが、在
『脳損傷片麻痺で発症後長期のリハビリテーション』の画像

脳梗塞後の失語症のリハビリテーションはどの位続けるのが良いですか?というご質問を受けたことがあります。「個別性が高いので一概には言えないよ!!」と思いながらご質問にお答えした覚えがあります。 【年単位で変わってくることもある】訪問リハビリテーションで失語
『失語症の方のリハビリテーションはどのくらい続けるのか?』の画像

生活期リハビリテーションの現場では、その人の凄さを感じる場面が多々あります。そんな場面の1つを紹介します。 訪問リハビリテーションを利用している方のなかに、元々職人さんとして長く働いていた方がいらっしゃいます。脳出血後遺症があります。訪問リハビリテーション
『訪問リハビリテーション「目がキラリ!」』の画像

生活期リハビリテーションの現場では、人と人とのドラマを感じる場面が多々あります。そんな場面の1つを紹介します。訪問リハビリテーションの利用者Xさん(脳出血後遺症)との会話のなかで、「A病院のリハビリテーション科医の先生はとても熱心だったよ」と聞きました。A病院
『訪問リハビリテーション「まさかの再会」』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、改変、加工した場合には、この作品と同じCCライセンスの下に頒布を認めます。