リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

評価・診断

脳卒中や脊髄損傷などで麻痺などの機能障害が残存した場合、患者さんと医療者の障害に対する見解の相違(ギャップ)がみられることをよく経験します。 機能障害や活動制限が残存した患者さんは、「病気をする前の自分」を基準にして「今の自分の状態」を比較します。このため
『障害のある方の心理と よく見られるギャップ』の画像

関節可動域の改善や筋出力の改善、痺れの改善などに対するアプロ​ーチとして、軟部組織の柔軟性・滑走性改善を目的とした徒手療法​を用いる機会があります。しかし、ターゲットとしている効果が得られて​いるかどうかは明確に判断しにくく、効果判定が難しいと感じること
『エコーでの観察を徒手技術に応用する 〜技術練習会に参加して〜』の画像

リハビリテーションの評価でよく歩行速度の計測をします。その時に私は1.0m/秒を基準にしています。理由はご存知の方も多いと思いますが、1.0m/秒が横断歩道の青信号点灯時間を決める基準の歩行速度となっているからです。横断歩道の距離(10mなら10秒)に+αの秒数を足し
『リハビリテーションの評価 歩行速度の計測』の画像

理学療法士にとって、姿勢を観察する・動作を観察する事はリハビリテーションを行う上でとても重要な評価です。しかしこの観察能力は、理学療法士の経験年数や、どこに注目しているのか着眼点によりバラツキが大きいとも言われています。 ・前額面:前もしくは後ろから見た
『観察能力 ~前からみるか 横からみるか 上からみるか~』の画像

↑このページのトップヘ