クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

ICF

人にとって「電車」に乗ることは、活動の幅を広げる身近な手段の一つです。リハビリテーションの目標を設定するのにあたり、特に働き盛りの方の場合には「職場まで○○分、電車で立っていられようになりたい」と、生活をしていくにあたり切実な目標をたてる方もいます。満員
『電車での立ち方』の画像

東邦大学医学部4年生のリハビリテーション医学の講義に行ってきました。私が担当した講義は「地域リハビリテーション」でした。「地域包括ケアシステム」と「リハビリテーション医療」をメインに講義しました。「大事な国家試験などに関係ない」と思われたら、最初から寝ら
『医学教育「リハビリテーション医学」は臨床医学ではない?』の画像

障害の考え方として、「医学モデル」と「社会モデル」という考え方があります。以下の図で示すのは、障害の階層モデルです。上に行けばいくほど生物学的で、下に行けばいくほど社会的です。 それぞれの階層にとって両隣は重要ですが、ひとつ離れるとあまり関係なくなるとい
『医学モデルと社会モデル 障害の考え方』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、改変、加工した場合には、この作品と同じCCライセンスの下に頒布を認めます。