クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

リハビリテーション科有床診療所のお仕事

地域包括ケアシステムにおいて、地域で生活するために不足している「あったらいいな」を提供するという信念で、東京都品川区で唯一の有床診療所をしています。

リハビリテーション科有床診療所のお仕事 イメージ画像
当院は、その患者さんにとって適切な全人的医療・生活期リハビリテーションを提供できます。
あおい會の理念「ひとり一人が輝いて生きる」が根付いているクリニックです

森山リハビリテーションクリニック
〒142-0054 東京都品川区西中延1-11-17
TEL: 03-6426-7318

最新記事

LSAは、生活期リハビリテーションで使用が広がりつつある指標です。 日常生活の中で「遠くへ行く」ほど、「頻度が多い」ほど、「補装具・介助が無い」ほど高得点になります。 生活期では、活動・参加の拡大を目指すことが多く、指標として目標に合っているケースが多いと感
『Life Space Assessment (LSA):生活範囲の評価 「町内」ってどこまで?』の画像

リハビリテーション科の医師はジェネラリストなので、患者さんの地域での困りごとをアセスメントし、マネジメントすることができます。地域の患者さんに足りないものを常に考え、それを提供する、あるいはマネジメントできる医師でありたいと思っています。私は心臓血管外科
『リハビリテーション科専門医が地域医療に携わるわけ』の画像

通所リハビリテーション(デイケア)にも、目標に合わせた修了(卒業)があります。 通所リハビリテーションへ通うことを目的化せず、修了しても、ご本人なりの活動的な生活を継続していけることを目指します。 【デイケア修了の問題点と進め方】 全国デイケア協会の報告では
『通所リハビリテーション(デイケア)の修了の進め方』の画像

森山リハビリテーションクリニックで提供しているリハビリテーションの適応をどのように考えているのかお伝えいたします。今回は「通所リハビリテーション」についてです。リハビリテーション医療は、機能の回復を図り、障害を克服するというだけでなく、「活動を育む」とい
『通所リハビリテーションの適応 どのような方に適しているのか』の画像

春らしい日が続くようになりました。新しい生活がスタートされた方もおられると思います。 森山リハビリテーションクリニックにも、4月より新しいメンバーが加わりました。 次なるステージに向け、更なるサービスの質の向上を目指していきたいと思っております。新しくスタ
『森山リハビリテーションクリニックだより 2022年4月号』の画像

入職して約2年半になる調理師です。 以前のブログ「病院食で新たな調理と出会う」にも書きましたが 入職当初は「どうすれば、より美味しく調理できるのか」 と、考えていました。 そこから経験を経て、今は「どうすれば、まずい物を作らずに調理できるのか」 という風に
『有床診療所 患者さんに食べていただくために』の画像

「デイケアとデイサービスって何が違うんですか?」この2つは、よく混同されることが多いと思われます。 デイケアは「通所リハビリテーション」デイサービスは「通所介護」制度的に人員基準や設備基準などが異なることは当然です。ここでは主に目的、マネジメント(だれがマ
『デイケアとデイサービスの違い ーそのマネジメント』の画像

桜のつぼみが膨らみはじめ、春めいた気候の日も多くなってまいりました。 明るく心躍る季節のはずが、新型コロナウィルスや自然災害、戦争など気持ちが滅入ってしまうようなニュースも続いています。今年はどのような春になるでしょうか。 新型コロナウィルスに罹患した方
『森山リハビリテーションクリニックだより 2022年3月号』の画像

前の記事に続き、「実際に主観的なニコニコペースで運動してみた脈拍数は、計算上のニコニコペースと一致するのか?」の疑問を自分の体で実証してみた、です。 まず、ニコニコペースの運動は①早歩き ②スロージョギング の2通りで行ってみました。その際のペースは完全な
『継続しやすい有酸素運動―ニコニコペースで運動してみた―時速・心拍数』の画像

日本生活期リハビリテーション医学会の「生活期リハビリテーション医療にかかわる医師のための研修会」の中で、私は「リハビリテーション医療に必要な併存疾患の管理」の講義を担当しました。 Zoomで講義のあと、その場でチャットでの質問に答える質疑応答だけでなく、あと
『誤嚥性肺炎後の経口摂取再開 どのように多職種協働で進めるか?』の画像

新型コロナウイルスワクチン接種が昨年春より開始し、2022年3月現在3回目ワクチン接種が森山医院でもはじまっています。   私は森山医院の看護師ですが、2021年9月頃より月1回程度、品川区集団接種のお手伝いにも行っています。その時に起きたエピソードを3つご紹介しま
『新型コロナウイルスワクチン集団接種のお手伝い 3つのエピソード』の画像

厳しい寒さの日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。新型コロナウィルスに関する情報や対策・基準などが次々と更新され、落ち着かない毎日かと思います。 私たちも、地域の皆様からのご相談を通し、これまでにない状況を肌で感じております。 療養・隔離中に
『森山リハビリテーションクリニックだより 2022年2月号』の画像

2022年2月4日から20日まで開催された北京オリンピック。勝った、負けただけではなく、その競技時間の中に選手達の4年間の凝縮された思いやドラマを感じられ、とても胸が熱くなりました。 その中でも日本の連覇が期待されていたスピードスケート女子団体チームパシュートで
『北京2022オリンピック:チームパシュートから見るインシデント・アクシデントレポートの考え方』の画像

有酸素運動は、血中のLDLコレステロール・中性脂肪や体脂肪の減少が期待でき、冠動脈疾患や高血圧などに効果があるとされています。私は身体を動かすことが好きなので、以前は週1回程度ジョギングを行っていました。しかし、コロナ渦になってしばらくは「走って大きな息をす
『継続しやすい有酸素運動―心拍数・運動強度と時間・頻度―コロナ禍でもできる運動』の画像

肺炎で亡くなる方は依然多いです。高齢者人口の増加で誤嚥性肺炎が増えているとされています。日本の22病院の多施設共同研究では、誤嚥性肺炎は、70歳以上の肺炎の約80%、90歳以上では90%以上を占めるとされています。 高齢者や脳卒中患者では、唾液などの不顕性誤嚥による
『断ち切りたい誤嚥性肺炎悪化サイクル』の画像

↑このページのトップヘ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
医療法人社団あおい會森山リハビリテーションクリニック 著作『リハビリテーション科有床診療所のお仕事』は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。作品利用時は、著作者を表示し、非営利目的での利用に限定し、作品を改変しない場合のみ頒布を認めます。